ad-728





>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >日産/インフィニティ(Infinity) >三菱(MITSUBISHI) >スズキ(SUZUKI) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

2018年、「25年ルール」でアメリカに輸出可能な車はコイツらだ。「80スープラ」「ランエボⅡ」「S14シルビア」etc.

2017/12/08

中古相場が大きく変動する可能性がある車も

2018年になれば「25年ルール」によってアメリカへの輸入が解禁される車のリスト(一部)が公開に。
アメリカには25年ルールなる独自の決まりがあり、「新車にてアメリカで販売されなかった車は、製造から25年たたないとアメリカには輸入してはならない」というもの。
かなり独善的とも言えるルールですが、これによって「輸入解禁」された車は一気に中古相場が上昇する場合も。

2018年に「25歳になる」車というと1992年生まれ

その中には「80スープラ」があり、これが一気に日本からアメリカへと流れる可能性も。
実際のところ80スープラはアメリカでも販売されていましたが、今回対象となるのはJDM=Japan Domestic Marketつまり日本国内仕様。
カーセンサー上には現在51台が検索にかかりますが、これらが「根こそぎ」持ってゆかれる可能性もありそう。
特にスープラは「ワイルド・スピード」シリーズに登場したということもあり、アメリカでも人気の高い車ですね。

そしてポルシェ968「クラブスポーツ」。
もちろん968自体はアメリカでも販売されていますが、「クラブスポーツ」は新車販売されておらず、そのためにアメリカ市場にとっては「幻の車」扱い。
すでに買い占められているのか、ほぼ中古は見当たらない状態です。

そしてクーペフィアット。
意外ですが、アメリカに入っていなかったということになりますね(フィアットやアルファロメオはアメリカで販売されなかった時期がある)。

そしてスズキ・キャラ(CALA)。
AZ-1のOEM車となり、AZ-1は一足お先に2017年に「25年ルール解禁対象」に。
AZ-1はカーセンサー上に26台ありますが、キャラはもともと登録が少なかったと思われ、探すのが難しいようです。

suzuki-cala

日産シルビア(S14)。
これも北米では「240SX」として販売されていたものの、やはりJDM需要がありそう。
やはり「ウィルド・スピード」関連銘柄ですね。

s14silvia

そして三菱ランサー・エボリューションⅡ。

evo2

その他ランチア・デルタHFインテグラーレEVO Ⅱ、ルノー・クリオ・ウィリアムズ、アウディS2、ロータス・エスプリ・スポーツ300、メルセデス・ベンツSL60AMGなどが候補としてリストアップされています。
意外と欧州メーカーのホットバージョンはアメリカには入っていなかったようで、解禁直後のメルセデス・ベンツ190E 2.5-16V EVO Ⅱは一時期相当な高値を付けたのは記憶にあたらしいところ。

あわせて読みたい25年ルール関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), >日産/インフィニティ(Infinity), >三菱(MITSUBISHI), >スズキ(SUZUKI), ■その他自動車関連ニュース・ネタなど
-, , , , , , ,