ad-728





>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >フェラーリ(Ferrari) >マセラティ(Maserati)

マセラティがアルファロメオに続いてF1に復帰?実現すればF1のイタリア濃度が一気に上昇

2017/12/14

まさかのマセラティ参戦

マセラティがハースと組んでF1復帰、との報道。
先日は同じグループのアルファロメオがF1復帰を発表していますが、実現すればそれに続く形となりますね。
アルファロメオは1987年、マセラティは1969年にF1から撤退しているものの、両方とも優勝経験のある名門。
マセラティについては1954/1957年両方に置いてドライバーズタイトルを獲得しており、アルファロメオ同様に輝かしい戦績を残したメーカーでもあります。

財政状態は大丈夫?

アルファロメオ、マセラティの属するFCAはあまり財政状態が良いとは言えず、度々マセラティブランドの「身売り」の話が出ているほど。
そこへ来てF1参入の話が出て来たことになりますが、正直「大丈夫か」というのが本音です。

ちなみに欧州自動車メーカーはこぞって「フォーミュラE」へと参加の意向で、かねてより参加のジャガー、ルノーに加えてアウディやBMW、メルセデス・ベンツ、ポルシェもフォーミュラEへと参戦表明。

こういった流れを鑑みるに「F1はもうオワコンか」という印象もあるものの、フェラーリ始めアルファロメオ、マセラティといったイタリア勢がここに参加することになり、さらにはランボルギーニもF1参戦の噂があるため、もしランボルギーニも参加となると「F1におけるイタリア色」が一気に濃くなることにも。

そうなるとフォーミュラEとははっきりと分化することにもなりますが、やはりF1は「いかに人気が下降気味といえども」他のモータースポーツに比較して人気が高く、かつ「エレクトリック志向」のブランドとの差別化をはかるという意味でもF1参戦には意味があるのかもしれませんね。

あわせて読みたい関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH), >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >フェラーリ(Ferrari), >マセラティ(Maserati)
-, , ,