ad-728





>マツダ(MAZDA)

マツダが初代ロードスターのレストア受付を開始。同時に復刻パーツ(ステアリング54,000円など)も販売


初代ロードスターのレストア受付開始、オートサロンにレストア中ボディも展示

マツダが本日よりNAロードスターのレストア受付を開始し、2018年1月12日~14日に幕張メッセで開催される「東京オートサロン2018」にて、初代ロードスターのレストア事業に関する説明を行う、と発表。
そのかに新型「マツダCX-8」や「マツダ・ロードスター特別仕様車RED TOP」などをカスタムした車両も展示するようで、かなり楽しみなブースになりそう。

マツダのブースはいつも大人気

なお東京オートサロンのテーマは「Be a driver. Experience ~マツダの新しいチャレンジが始まる~」。
ロードスター(NA)のレストアに関しては、担当者から直接説明する場を設けるほか、レストア中のホワイトボディも展示する、とのこと。

マツダはこういったショーにおいても、他メーカーが華やかな女性コンパニオンを起用するのとは対照的で、「技術者」「デザイナー」などオッサンをメインに立たせ、なおかつそれが人気だという「ほかに類を見ないメーカー」。

今回も熱い想いを語るエンジニアや、それを聞きに来るファンにてブースは熱気ムンムンになるのかもしれません。

レストアの受付も開始、その過程やパーツも公開

なおNAロードスターのレストア専用サイトも公開され、対応パーツやその内容も明らかに。※レストア申し込みはこちらから

レストアの流れはこんな感じで「7ステップ」あり、納期は通常だと約二ヶ月(結構短い)。
レストア中の車両を見学することも可能だとしています。

roadster2

パーツだとブリジストン製の専用タイヤ(26,676円)、ソフトトップ(162,000円)、NARDI(ナルディ)製ステアリングホイール(54,000円)、シフトノブ(12,000円)など。

roadster

レストアについてはマツダのほか、日産もR32GT-R対象に、そしてホンダもビート対象に展開をはじめており、今後も他車種へと拡大してゆくことになりそうですね。

マツダが今回発表した展示内容はこちら

今回、マツダがオートサロンに展示すると発表した布陣。
まだ画像が公開されていないものありますが、追って詳細や画像が公開されるものと思われます。

新型 マツダ CX-8
マツダ CX-8 CUSTOM STYLE 2018
マツダ CX-5 CUSTOM STYLE 2018
マツダ CX-3 CUSTOM STYLE 2018
マツダ ロードスター CUSTOM STYLE 2018 (特別仕様車RED TOP)
マツダ ロードスターRF CUSTOM STYLE 2018
マツダ ロードスターNR-A (パーティレース参加仕様車)
初代「ロードスター」(NA型) (レストア作業中車両のホワイトボディ)
マツダのオートサロン特設サイトはこちら

->マツダ(MAZDA)
-, , , , ,