ad-728





>フェラーリ(Ferrari) ■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など

フェラーリ488”GTO”プロトタイプ走行中。それでもフェラーリは今後優位性を発揮できないと考える理由


ついに700馬力の大台に?

フェラーリ488GTBのハードコアモデル、通称「GTO」とみられるプロトタイプのスパイフォト。
現時点では詳細不明ながらも「458に対する458スペチアーレ」的な存在だと思われ、エンジンは3.9リッターV8ツインターボを踏襲しながら700馬力以上を発生すると見られます。
先日目撃されたプロトタイプは「ほぼ完成」とも言えるクオリティを持っており、となると発表は「意外と近い」のかもしれませんね。

今度こそ「GTO」が実現か

なお「GTO」は”Gran Turismo Omologato”の略で、そのルーツは250GTO。
レース用のホモロゲーション取得のために生産する市販車を指しますが、その後は288GTO、そして599GTOと続きます。
F12tdf発売前も「F12GTO」になるのではと言われたもの実現せず、しかし今回は実際に「488GTO」の名称が与えられるのでは、とも言われていますね。

Ferrari-488-GTO-Spy-Shot-2

なおこれまでの「GTO」だと288GTOがターボエンジンを採用しており、これは488GTBとも共通するところ。
加えて「288」「488」とモデル名が似ていることも「488のハードコアバージョンは488GTOに」という希望的観測を強調しているのだと思われますが、もしそうなると「488GTO」には、これまでの限定フェラーリで見られたように「過去モデル(この場合は288GTO)へのオマージュ」が採り入れられることになりそう。

実際に登場した暁にはランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテ、ポルシェ911GT2RS、マクラーレン720Sの強力なライバルとなりそうですね。

Ferrari-488-GTO-Spy-Shot-4

今後フェラーリはライバルに対してどう優位性を出す?

なお最近ぼくが思うのは「ちょっとフェラーリの影が薄くなったな」ということ。
フェラーリはランボルギーニやポルシェのように公式にて「タイムアタックを行わない」ことでも知られ、かつ広告を行わないことでも知られます(見かける広告はインポーターや販売店が行っているもので、フェラーリ本体が行うものではない)。
F1で勝利をあげることが最大の宣伝であり、F1含めた数々のレースで勝ってきたことがフェラーリの高いブランド価値を構築していると考えていますが、「将来性」を考えた時、もしかするとマクラーレンやアストンマーティンのほうが大きな可能性を秘めているのでは、と考えることも。

たしかに現在のフェラーリのブランド価値は圧倒的ではあるものの、「将来」となるとある種の曖昧さを感じさせ、なんらかの「特徴」を見出すのが難しくなるかもしれません。
たとえば他社が随分前から採用している「電動パワステ」についてもフェラーリが導入したのはつい最近で、テクノロジー面においてはやや見劣りする面も。

これはグループのマスメリットを享受できるポルシェやランボルギーニ対して不利な部分であり、加えて「ずば抜けた速さ」ではマクラーレンの方が印象としては強く、かつ「エクスクルーシブ」というイメージではアストンマーティンが急激に追い上げているところ。

要は「このままでは」フェラーリは過去にすがるブランドになってしまうのではと懸念を抱いているということですが、もちろんそれを一番真剣に考えているのはフェラーリそのものだと考えられます(しかし、マルキオンネ体制になってから、フェラーリはフィアットのためのビジネスツールになってしまった感もある)。

「ハード」としての優位性を維持することができなければ、フェラーリには「ブランドイメージ」というソフト面での価値しか残らないことになり、かつその「ソフト」はこれまで築いてきたものであって歴史(過去であり未来ではない)に依存している、ということですね(しかし同時に、ソフト面での価値が圧倒的でもある)。

VIA:CARSCOOPS

->フェラーリ(Ferrari), ■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など
-, , ,