ad-728





■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >マツダ(MAZDA)

マツダCX-8の受注好調。予約にて月販目標の6倍の受注獲得、上位モデルに予約集中←マツダオーナーはリッチ?

国産だと唯一の都会派7人乗りSUV?

マツダが「CX-8の受注が好調」と発表。
2017年9月14日の発表から12月14日までの間に7,362台の受注を集め、これは月間販売計画台数である1,200台の約6倍という数字。
CX-8は国内においてはマツダのSUV「CX」シリーズのフラッグシップで3列シートが最大の特徴となっており、マツダいわくそのターゲットは「走りやデザインを諦めたくない。でも家族や友人ともドライブを楽しみたい」という人たち。

マツダの例に倣い上位モデルの受注が好調

実際に展示会に行ってみるとターゲットにマッチした人びとの来場が多く、そしてやはり興味の的は「3列シート」。
あらためてこの需要が高かったんだなあ、と実感させられます。

グレード構成は「XD」「XD PROACTIVE」「XD L PACKAGE」の3つ。
それぞれに2WD/4WDが存在し、トランスミッションはいずれも6AT。

価格は下記のとおりとなっています。
XD 2WD:3,196,800円/3,429,000円
XD PROACTIVE 2WD:3,537,000円/3,769,200円
XD L PACKAGE 2WD:3,958,200円/4,190,400円

DSC02331

XDでも装備は充実しており、SKYACTIV-D 2.2(ディーゼル)+スカイアクティブ ビークル ダイナミクスG-ベクタリングコントロールは上位モデルと共通。
しかもLEDヘッドライト、ブラインドスポットモニター、車線逸脱警報が装備されるなど、けっこうコストパフォーマンスは高いと思える内容となっています。

XD PROACTIVEになるとホイールが19インチ、ヘッドライトがアダプティブLEDになり、ステアリングヒーター、レーダークルーズコントロール、スマートブレーキなどが追加に。
XD L PACKAGEだとLEDフォグランプ、ルーフレール、内装ウッドトリムほかがさらに追加。

受注内容はこうなっている

マツダによるとグレード別の受注比率はXD L PACKAGEが43%、XD PROACTIVEが51%となっていて、つまりベースグレードを注文する人は「ほとんどいない」。
ボディカラーはマシーングレープレミアムメタリックが33%、ソウルレッドクリスタルメタリック」が13%(意外とレッドが少ない。CX-5はレッド比率がかなり高いように思える)。

DSC02305

他に7人乗りSUVだとこんな選択も

7人乗りSUVだと国産ではトヨタ・ランドクルーザー(500万円くらい~)、ランドクルーザー・プラド(360万円くらい~)、スバル エクシーガ・クロスオーバー7(260万円くらい~)、日産エクストレイル(260万円くらい~)、三菱アウトランダー(250万円くらい~)、三菱パジェロ(380万円くらい~)といった選択肢があり、その中ではCX-8はけっこう高い部類。
ただし装備や安全性を考えると、また他の7人乗りSUVについては「アウトドアイメージが強い」ことなど考えると、マツダCX-8はこれらの中では「かなり競争力のある」選択肢だと言えそうですね。

なお、ロードスターRFでもそうでしたが、上位モデルに受注が集まるのもマツダの特徴で、マツダユーザーは「比較的お金に余裕がある」人たちが多いのかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等, >マツダ(MAZDA)
-, ,