ad-728





>フェラーリ(Ferrari)

ちょっと相場は下降気味?イエローのラ・フェラーリが競売へ。予想では4億円の落札価格

2017/12/30


| 珍しいイエローのラ・フェラーリ |

美しいイエローのラ・フェラーリがフロリダにて開催されるオークションに登場予定。
ラ・フェラーリはチャリティー向けに製造された「最後の一台」を除けば生産台数は499台で、そのうち120台がアメリカ向けに出荷された、とのこと。
この「~9台」というのは限定フェラーリの「常」ですが、これは「客が求めるよりも常に1台だけ少なく作る」という同社のポリシーが反映されたものだと言われます。

内装にはイエローアクセント、カーボンパーツも

今回オークションに登場する個体は「ジアッロ・モデナ」のボディカラーを持っており、ブレーキキャリパーもイエロー。
内装にもイエローのアクセントが入っていますね。

laferrari-yellow-16

ラ・フェラーリは限定フェラーリにしては珍しく「レッド(ロッソ)」以外のボディカラーも多い車。
F40時代は「レッドしか作らなかった」といわれますが、その後は多種多様な人がフェラーリの限定モデルを購入するようになり、特に若い世代は「レッド」にこだわらなくなったのもその理由かと思います。

laferrari-yellow-12

その傾向は458スペチアーレ、F12tdfでも見られますが、「自由にカラーを選ぶ」人が増えたのは喜ばしいことだと言えそうですね。

laferrari-yellow-10

ただ、もちろんフェラーリ=レッドという認識が世間一般にあり、「せっかくフェラーリを買うならレッドで」と考える人、ずっと限定フェラーリを購入し保有している人だと「他のフェラーリ・コレクションも全部レッドなので」と考えてレッドを選ぶ人も多そう。

laferrari-yellow-09

もちろん「リセール」を考えてレッドを選ぶ人もいて(そのためアメリカでは”リセール・レッド”と言われるらしい)、現在はちょうど時代の「転換期」だと言えるのかもしれません。

laferrari-yellow-06

オークションにおいてはレッドよりもイエローやブラックの方が高値をつけるケースも出てきており、「レッドが最も高く売れる」というフェラーリの伝統も今後変化してゆくことになりそうですね。

laferrari-yellow-20

なお、今回のラ・フェラーリにおいては最高で4億円の値をつけるのでは、と予想されていますが、これまで5億円程度の価格で落札されることもあったということを考えると、「ちょっと相場が下がり気味」なのかもしれません。

laferrari-yellow-05

あわせて読みたいラ・フェラーリ関連投稿

->フェラーリ(Ferrari)
-, , , ,