ad-728





>パガーニ(PAGANI)

これまでで「最もハイレベルなカスタムの」パガーニ・ウアイラ”ランポ”登場。オーダーしたのはフェラーリ役員

2018/08/23

もっとも「カスタムされた」パガーニ

フィアット御曹司にしてフェラーリ役員、そしてお騒がせセレブでもあるラポ・エルカーン氏率いる「ガレージ・イタリア・カスタムズ」。
これまでもフィアットやアルファロメオ系の車、さらにはBMWなどを(オフィシャルで)カスタムしてきましたが、今回披露するのはなんとパガーニ・ウアイラのカスタム。

フィアットとイタリアへの愛情に満ちた一台

このワンオフ・ウアイラは「ランポ=Lampo、イタリア語で”稲妻”の意味」と命名され、モチーフは1954年のフィアット・タービナ・コンセプト(下の画像)。

1954-fiat-turbina-concept

フィアットとパガーニとの関係性はなく(パガーニ創始者はランボルギーニ出身)、しかしフィアットをモチーフにしたのはやはりラポ・エルカーン氏のルーツへの誇りだと思われます。

1954-fiat-turbina-concept (1)

「パガーニ・ウアイラ・ランポ」のボディパネルはカーボン製ですが、これはこの車のために作られた「アルミ繊維を編み込んだもの(パガーニはチタン繊維を編み込んだカーボンもリリースしている)」。

pagani-huayra-lampo (1)

なお、このウアイラにはサーキット走行を前提としたパフォーマンスキット「テンペスタ・パッケージ」も装着され、スペック的にも最強。
このウアイラ「ランポ」はもちろんパガーニとの共同プロジェクトで、その製造には2年を要しているそうですが、それも納得の出来栄えですね。

pagani-huayra-lampo (3)

内装はゴージャスそのもの。
レッドとベージュをベースとしており、スイッチ類やトリムは「ブロンズ仕上げ(ラポ・エルカーン氏はブロンズを好んで用いる傾向にある)」。

pagani-huayra-lampo (12)

メーター照明もブロンズにあわせた「アンバー」。
通常はグリーンっぽい発光色なので、何から何まで特別なウアイラだと言えそう。
なおシートの座面やダッシュボードは「編み込み」で、ジンガーが好んで用いる手法ですね。

pagani-huayra-lampo (11)

ホイールもブロンズで、ブレーキキャリパーにはイタリアントリコローレが「稲妻形状」にて再現。

pagani-huayra-lampo (10)

「PAGANI」エンブレムもブロンズ。
パケット・テンペスタ装着のためマフラーエンドはチタン製。

pagani-huayra-lampo (9)

リアフェンダーにも稲妻(ランポ)。

pagani-huayra-lampo (8)

ドアミラーにもイタリアントリコローレ×イナズマ。

pagani-huayra-lampo (7)

カーボン柄は「レッドクリア」「クリア」の二色にて見せることに。

pagani-huayra-lampo (6)

このガレージは「ガレージ・イタリア・カスタムズ」のようですね。

pagani-huayra-lampo (5)

わかりにくいですが、サイドステップにも特別製のウイングレットが設けられ、そこにも「イタリアンフラッグ×イナズマ」が(わざわざそのために専用形状のものが制作されている)。

pagani-huayra-lampo (4)

あわせて読みたいラポ・エルカーン/ガレージ・イタリア・カスタムズ関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->パガーニ(PAGANI)
-, , , , ,