>アストンマーティン(Astonmartin)

アストンマーティンはヴァンテージ”V12”を用意?ただし「現在の完璧なバランスが崩れる」と懸念

投稿日:2017/12/25 更新日:

| 2018年モデルは完売、ウエイティングリストは2019年分に移行 |

アストンマーティンが新型ヴァンテージについて、バリエーション追加を検討中。
まずはマニュアル・トランスミッションの投入を考えているそうですが、むしろ「発表時にマニュアル・トランスミッションがなかったことが」不思議。
というのもアストンマーティンはマニュアル・トランスミッションに並々ならぬこだわりを見せており、そこにひとつの差別化を見出しているため。

「V12エンジンを搭載するとヴァンテージのバランスが崩れる」

さらにはヴァンテージのオープンモデル、そしてV12エンジン搭載モデルも検討中とされているものの、アストンマーティンのアンディ・パーマーCEOによれば「まだ決定はなされていない」。
とくにV12エンジンについては「より大きなエンジンを搭載することで、完璧なヴァンテージのバランスが崩れる」としており、現在ニュルブルクリンクにてテストを行っているプロトタイプのセッティングに苦心している様子。

もちろん技術的にはV12エンジンの搭載は可能だとしており、実際にDB11には「V12とV8」モデルの両方が存在しており、そしてヴァンテージもDB11と同じプラットフォームを採用しているため、「大きな変更なしに」V12エンジンを積むことが出来る、とのこと。

よってエンジニアに求められるのは「ヴァンテージにV12エンジンを押し込むための努力」ではなく、「V8より大きく重いV12エンジンを載せてもドライバビリティを犠牲にしないようにすること」となりますが、どうしても避けることができない重量増加について、そこはヴァンテージのキャラクターが変化してしまう、もしくは意図的に変化させる必要がある、と考えているようですね。

なお現在の「ヴァンテージ”V8”」のスペックはAMG由来のV8ツインターボエンジン搭載、510馬力。
車体重量は1530キロ、0-100キロ加速は3.6秒、最高速度は時速314キロ。
重量配分は現時点で50:50となっており、レース仕様の「ヴァンテージGTE」もV8エンジンをベースに設計されていることを考えると、やはり「ヴァンテージはV8がベスト」なのかもしれません(もちろんアストンマーティンのエンジニアはV12エンジンにおいても最適な解を見つけるはずと思われますが)。

あわせて読みたいアストンマーティン・ヴァンテージ関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->アストンマーティン(Astonmartin)
-, , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.