ad-728





■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMWが「10万台の電動モデル販売」達成を記念し、あの”シリンダー”本社ビルを「電池風」にライトアップ

| あの有名なBMW本社ビルが”電池”に |

BMWが「EV/PHEVの年間販売10万台達成」という目標を実現した、と発表。
これは「2017年内に同目標を達成する」とのコミットに基づいた記録であり、これを記念してBMWの本社「フォー・シリンダービル」がなんと「電池風のラインアップ」に。※本当に電池っぽく見える

この「フォー・シリンダー・ビル」はもちろんエンジンのシリンダーをイメージした建物となりますが、BMWの正式名称「バイエルン発動機製造株式会社」としての象徴。
建設されたのは1973年だとされ(そんな昔にこんな建物を作ったとは)、当時はまさか今のようにエレクトリック化の波が訪れたり、「電池風にライトアップされるとは」などと考えもしなかったんじゃないかと思われます。

BMWはエレクトリック化に向けて着実に進歩を重ねている

なお今回BMWがこの偉業について述べた骨子か下記の通り。

・2013年にi3を発売して以来、20万台以上のエレクトリックモデルを売ってきた
・2025年までにはエレクトリックモデルを25台揃える
・欧州におけるEV/PHEVシェアは21%、グローバルだと10%
・BMW内におけるエレクトリックモデルは現在6%にまで成長
・スカンジナビアで最も売れたBMWはi3
・MINIクーパーS EクロスオーバーALL4はクロスオーバー内で10%の販売比率
・電動スクーター、BMW Cエボリューションは2017年に前年比+80%の1500台を販売
・10万台目はプロトニック・ブルーのBMW i3

なおBMWは第5世代の電動ドライブトレーン/バッテリーテクノロジーへと移行しており、これは全てのモデルに搭載できる、と公表済み。
あわせてBMWの口からもBMW i1~i9、BMW iX1~iX9の商標を確保したこと、2019年にはミニのピュア・エレクトリックモデルが登場すること、2021年には自立走行可能なテクノロジー・フラッグシップモデル「BMW iNext(アイネクスト)」が登場することも述べています。

あわせて読みたいBMW+エレクトリック関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等, >BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , ,