ad-728





>ベントレー(Bentley)

【動画】スターテックがさらにベントレー・ベンテイガをカスタム。出力+100馬力、ワイドボディが大迫力

2018/01/01

| 今回は動画もあわせて公開に |

スターテックがベントレー・ベンテイガのカスタムについて、追加でそのイメージを公開。
ベンテイガは現在非常に人気のあるSUVの一つではあるものの、その性格のせいかカスタムする人が少ないもの一つの特徴。
よって人気車種といえどもチューナーがあまり手を出さない車となっていますが、スターテックはごく早い時期からいくつかのバリエーションをリリースしており、現時点でベンテイガ向けのカスタムパーツが最も充実しているチューナーだといえますね。

ルーフにはLEDライトバーが追加

日本ではフロントバンパーの価格は150万円、リアバンパーだと164万円、ワイドボディキットは76万円、カーボンフェンダーパネルは44万円、カーボンサイドプロテクターは76万円。
このワイドボディキット装着を行うと当然ホイールも交換しないと格好がつかないことになり、その場合当然さらに費用がかかることに。

今回公開された画像ではそのワイドボディキット他にルーフマウント式LEDライトバーも確認でき、これは最近メルセデス・ベンツGクラス向けのカスタムで流行っている手法でもありますね。

bentley-bentayga-by-startech3

今回インテリアの画像はないものの、もちろんスターテックでは内装カスタムも「お手のもの」で、顧客の要望に応じたカスタムを受け付けている、とのこと。

出力に関してはノーマルの610馬力から100馬力アップの710馬力を可能とするチューニングメニューもあるものの、こちらは約250万円、とかなり高めの設定に。

bentley-bentayga-by-startech2

こういった高額な車向けのチューニングパーツはどうしても高価になってしまいますが、その理由としては、高額な車に乗るオーナーは目が肥えていて高い品質や素材を求めること、そもそも「数」が出ないのでコスト高いになってしまうこと、そしてチューナー側に発生する「リスク」も車両価格に比例して高くなること、が考えられます。

あわせて読みたいベントレー・ベンテイガ関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ベントレー(Bentley)
-, , , , ,