ad-728





■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

次期VWゴルフの噂がチラホラ。軽量化、空力改善、そしてポルシェ911ターボ譲りの可変ジオメトリターボ搭載?

2018/01/06


| 次期フォルクスワーゲン・ゴルフはさらにコストパフォーマンスの高いモデルに? |

次期フォルクスワーゲン・ゴルフ(ゴルフ8)は2019年登場と目されていますが、Auto Motor und Sportによると、現行よりも大胆なデザインになり、よりアグレッシブなイメージになるだろう、とのこと。
プラットフォームは現行同様のMQBではあるものの、改良版を使用することで50キロほど軽量化されるのでは、とも言われています。※画像は2015年発表のゴルフ・コンセプト

50〜70キロ軽量化の噂も

この軽量化とエアロダイナミクスの向上によってゴルフ8は大きく燃費が向上するともウワサされており、加えてターボはポルシェ911ターボ同様に可変ジオメトリを持つ「VGT」。

ガソリンエンジンのほかディーゼルエンジン、そしてマイルドハイブリッドモデルもラインアップされると言われるものの、「e-GOLF」はラインアップからドロップする可能性が大(恐らくはフォルクスワーゲンの新しく展開するEV、I.D.シリーズに統合されると思われる)。

さらにはアダプティブクルーズコントロールやヘッドアップディスプレイなどのハイテクデバイスも投入されるとも報道されており、インフォテイメントシステムやドライバーズアシストも大きくアップデートしたものが搭載されるようですね。

なおフォルクスワーゲン・ゴルフはWVアウディグループの「看板」モデルでもあり、とにかく「数を売る」ことが義務付けられたモデル。
そのために現行モデルは「行きすぎた割安感」すら感じさせる価格設定となっており、とにかく価格を大きく超えるだけの装備や性能が与えられた車でもあります。

なお、現行ゴルフ7については「ゴルフR400(420)」なりハイパフォーマンスバージョンの登場が噂されるも、結局のところこれは「見送り」となりそう。
一時は「発売間近」まで行ったものの、ディーゼルゲートの影響によって発売が立ち消えとなったものと思われますが、次期ゴルフ8ではぜひこのハイパフォーマンスバージョンを発売してほしいものだと思います。

あわせて読みたいフォルクスワーゲン・ゴルフ関連投稿

-■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など, >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)
-,