ad-728





>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >日産/インフィニティ(Infinity) >三菱(MITSUBISHI) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

トヨタは過去最高の販売台数なるも、2017年はまさかの屈辱「3位転落」。1位VW、2位は三菱を吸収した日産


| トヨタが屈辱の3位に |

トヨタは2017年通年としての販売見込みが3年ぶりに過去最高を更新し、1035台(前年比+2%)になる、と発表。
11月までの数字だと前年比2.8%増の947万4000台となっており、現在も販売は好調。
とくに減税措置が延長された中国において小型車(カローラ/レビン)の販売が伸びているとされますが、それでも昨年首位だったフォルクスワーゲン、三菱を吸収したことで規模を拡大した日産には追いつけず、なんと屈辱の3位になる見込み。

日産は三菱効果、三菱自身は”棚ぼた”

なおフォルクスワーゲンは昨年比+3.9%の974万3400台、日産(とルノー+三菱)は960万1916台。
フォルクスワーゲンもトヨタと同様に好調でありこのまま逃げ切ると思われ、日産は無資格検査の問題はあるものの、影響のある「国内」はもともと30%以下しか市場規模はなく、全体に与えるインパクトは小さいと思われます。

トヨタについては主力の米国市場においてセダンが伸びなかった(カムリは不発?)とのことで、これはSUVラインアップが少なかったことが響いている模様。
加えて中東での販売を落としてしまい、世界的には「成長を示したものの、他よりは伸びなかった」ようですね。
逆に日本国内販売だと大きな伸びを見せ、「タンク」「ルーミー」が好調、とのこと(日産が売上を落とした分、トヨタに流れている)。
欧州だとC-HR、ヴィッツ(ヤリス)の人気が高いようです。

ちなみに以前、三菱が「(買収によって)思わず販売順位が伸びて嬉しい」とコメントしていましたが、まさにこれは「棚ぼた」。
人生何があるかわからない、ということですね。

2016年の世界自動車販売について、1位はフォルクスワーゲン、2位トヨタ、3位GM(ゼネラル・モータース)、4位日産・ルノーという順でしたが、2017年はおそらく1位フォルクスワーゲン、2位日産・ルノー・三菱、3位トヨタ、4位GMとなる可能性が大。※GMは販売が伸びず、現時点で前年比-2.2%

合わせて読みたい、自動車メーカーの販売関連投稿

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE), ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等, >日産/インフィニティ(Infinity), >三菱(MITSUBISHI), >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)
-, , , , , ,