ad-728





>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >日産/インフィニティ(Infinity) >マツダ(MAZDA) >三菱(MITSUBISHI) >スバル(SUBARU) >スズキ(SUZUKI) >ダイハツ(DAIHATSU)

そろそろ開幕のオートサロン。トヨタ、ホンダ、日産、マツダほか各社の出展内容や傾向を見てみよう

2017/12/31


| 各自動車メーカーの出展内容は? |

そろそろ開催となる東京オートサロン2018
各メーカーとも出展内容を公開しておりその陣容が明らかになっていますが、以外とその様子は各社各様。
ただしダイハツ、スズキ、日産、三菱は「アクティブ」系の出展を計画しており、これは一つの傾向だと言えそう。
特にキャンプ用品メーカーとコラボしたモデルもあり、近年のアウトドアブームを反映させた内容だとも考えられます。

各社の出展内容を見てみよう

まずはダイハツ。
ダイハツのオートサロン特設ページはこちら

やはり目玉は1/12デビューの「BOON(ブーン) CLIQ Sport Package」。

daihatsu

そしてTHOR(トール)SPORZA Ver.、Mira e:S(ミライース)SPORZA Ver.。

autosalon3

ちょっと面白そうな「BOON ACTIVE Ver.」、「HIJET TRUCK Junbo ACTIVE Ver.」、「HIJET CARGO DECK VAN ACTIVE Ver.」。
ダイハツは過去の例を見てもそのカスタム内容が多彩で、かつその度合いも「大きい」ようですね。
今回は特に「アウトドア風味」が強いのも特徴だと言えそうです。

autosalon2_edited-1

続いてスズキ。
ダイハツ同様、毎年結構なレベルのカスタムを見せてくれるメーカー。
今回はさっそく発売したばかりの「クロスビー」をカスタムして展示する予定となっています。
スズキのオートサロン特設サイトはこちら

こちらがその「クロスビー ウィンターアドベンチャー 」。
このホイールは是非発売してほしい、と思います。

suzuki4

こちらは「スペーシア トールキャンパー」。
ルーフからテールにわたって取り付けられたバーがナイス。

suzuki3

「キャリイ フィッシングギア」。
ロゴを大きく使うのもスズキの一つの特徴ですね。

suzuki2

かなり渋い、「スイフトスポーツ オートサロンバージョン」。

suzuki

トヨタは今回立ち上げたばかりの「GR」中心。
トヨタの目玉はやはり「GRスーパースポーツコンセプト」。

ルマンに参戦するTS050ハイブリッド風のルックスを持つスーパースポーツですね。
ほかGRからはヤリスWRC、TS050ハイブリッド、トヨタ86(競技用車両)、GRMNヴィッツ、GR86、レクサスGRスポーツからはレクサスLC500のエクステリアパーツ、SuperGT参戦用車両のKeePer TOM'S LC500。
Gazoo Racingの東京オートサロン公式サイトはこちら

その他だとモデリスタから発表のクラウンモデリスタにも期待。

ホンダは新型車、マイナーチェンジを受ける車を中心にした展示となる模様。
ホンダのオートサロン2018特設サイトはこちら

ホンダは久しぶりに国内投入するCR-Vのカスタムカー「CR-V CUSTOM Concept」のほか、マイナーチェンジを迎えるジェイドのカスタムカー「JADE RS CUSTOM Concept」、NSX GT3、S660 Modulo X Concept、N-ONE RS、そしてNSX、CIVIC TYPE Rほか二輪の展示も。

none_main01

nsxgt3_main01

トヨタ同様にはなりますが、スポーツカーやモータースポーツの展示が中心となるようですね。

s660_main01

マツダは相変わらず独自路線。
今回はカスタムというよりは「初代ロードスターのレストアプロジェクト周知の場」としてオートサロンを活用する傾向が強いようで、レストア中のロードスターの展示、そしてその説明も。
マツダのオートサロン特設サイトはこちら

そのほかの展示車はCX-8(ノーマル)、マツダ CX-8 CUSTOM STYLE 2018、マツダ CX-5 CUSTOM STYLE 2018、マツダ CX-3 CUSTOM STYLE 2018、マツダ ロードスター CUSTOM STYLE 2018 (特別仕様車RED TOP)、マツダ ロードスターRF CUSTOM STYLE 2018、マツダ ロードスターNR-A (パーティレース参加仕様車)、初代「ロードスター(レストア中のホワイトボディ)」。



日産はこれまで通りのニスモ、加えてサブブランド展開を考えるオーテックからも車両を投入。
やはりほかメーカー同様にワイルドな「NV350キャラバン・グランドツーリング・コンセプト」の投入がトピックです。

nissan-nc-350-caravan-grand-touring-concept

その他にもフェアレディZ「ヘリテージ・エディション」、ノートe-Power C-GEAR、セレナ e-Powerオーテック、セレナ Nismo、リーフNismoコンセプト、Motul Autech GT-R(レースカー)を展示する、とのこと。
日産のオートサロン2018特設サイトはこちら

nissan (3)

三菱は新型車「エクリプス・クロス」中心。
複数のカスタムモデルが出展され旅程となっています。

三菱の東京オートサロン特設サイトはこちら

こちらは「エクリプス クロス PREMIUM SPORTS Concept」。

TAS2018_TAS2018_ECLIPSE-CROSS-SPORT_171205

そして「エクリプス クロス FIELD ATHLETE Concept」。
そのほかは「アウトランダーPHEV PREMIUM SPORTS Concept」、「デリカ D:5 ACTIVE GEAR」を展示、とアナウンスされています。

TAS2018_TAS2018_ECLIPSE-CROSS-OFFROAD_171205

スバルはかなりモータースポーツ色の強い展示で、人気の「XV」を生かしたアウトドアっぽいカスタムモデルやライフスタイル系の出展は無いようですね。

現在のところSUBARU BRZ GT300 2017、SUBARU WRX STI NBR 2016、S208、LEVORG STI Sport、SUBARU BRZ STI Sport、SUBARU LEGACY RS、SUBARU IMPREZA 555を展示、と発表しています。

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA), >日産/インフィニティ(Infinity), >マツダ(MAZDA), >三菱(MITSUBISHI), >スバル(SUBARU), >スズキ(SUZUKI), >ダイハツ(DAIHATSU)
-, , , , , , ,