>中東の自動車メーカー

ライカン・ハイパースポーツのデザイナーがレトロEV発売?軽量シンプルな「Design-X1」

投稿日:2018/01/09 更新日:

| ライカン・ハイパースポーツのデザイナーが今度はレトロEV |

ライカン・ハイパースポーツ、フェニア・スーパースポーツのデザイナー、Anthony Jannarelly氏が展開するプロジェクト、「Jannarelly Design-1」から、そのEVバージョンが登場する可能性がある模様。
そもそもJannarelly Design-1は3.5リッターV6エンジンを搭載するシンプルなスポーツカー。
今回はそれをEV化した「Design-X1」の計画を公開した、ということになります。

今のところ実現可能性は不明

現段階では詳細は語られず実現の可能性含めて未知の領域ではありますが、これが実現すると結構面白い車になるのかもしれません。
以前に英国アトムがその車両を「EV化する」としており、こういった「シンプルなスポーツカー」にもエレクトリック化の波が押し寄せているといえそうですね。

jannarelly-design-x1-05

ただ、アトム”ハイパーカー”の場合は「0-100キロ加速2.4秒、最高速度は257km/h」という強力なスペックを持ちながらもサーキットの走行可能時間はわずか15分。
マクラーレンもフルエレクトリック・ハイパーカーをテストしていると報じられますが、こちらはバッテリーが持つのが30分。
両方とも「十分」とは言えない範囲だと思われ、まだまだ「エレクトリックスポーツ」、ましてやEVでサーキット走行を行うというのは実現が難しいのかもしれませんね。

jannarelly-design-x1-04

なお、Design-1に関しては今のところ納車時期は未定。
しかしながら北米での販売価格はすでに決定しており、その価格約860万円。
以前の報道では購入希望者が80人、注文したのは20人と伝えられていますが詳細は不明。
Anthony Jannarelly氏は「ザルーク・サンドレーサー」のデザイナーとしても知られ、レトロな軽量スポーツカーから未来的なハイパーカー、スーパーオフローダーまで手がけている、ということになりますね。

ちなみにライカン・ハイパースポーツも当初の計画ではEVもしくはハイブリッドとされており、市販時には「ガソリンエンジン」へと落ち着いた、という経緯があります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->中東の自動車メーカー
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.