ad-728





■外国ネタ・旅行など

【動画】香港のカウントダウン花火を見てきた。ホテルのハーバービュールームから優雅に見るはずだったが・・・


| 香港の新年カウントダウンを見てきた |

さて、香港の新年カウントダウンへ。
毎年、年明けとともに盛大な花火が打ち上げられることで有名ですが、今までぼくはこの時期に香港へといったことがなく、しかし「一度は見ておかねば」ということで年末から香港へ。
宿泊するのはいつもの「マルコポーロ・ホテル香港」ですが、ここは花火を見るために宿泊客専用スペースを用意してくれるので、カウントダウンを見るならば非常にオススメ。

ホテルからの眺めはこんな感じ

ホテルからその「駐車場」を見たところ。
この駐車場は香港の夜景を見渡せる場所としても密かに人気のスポットです。

DSC04607

今回は上層階の部屋(16F)、そしてハーバービューを予約したのでかなり眺望が開けていますね。
この部屋からでも花火は見えるものの、角度的に「全部」は見えず、よってちゃんと花火を見ようとすると、やはり駐車場(6F)まで降りる必要があります。

DSC04609

その駐車場ですが、当日のみは宿泊客専用のスペースが柵で仕切られ、ホテルのカードキーを見せることでそのスペースに入場可能に。
昼はこんな感じで、海側に柵が見えますが、その柵内つまり「海側のいい位置」は宿泊客専用で、そこから後ろが一般の人向けのスペース。

DSC04619

ただし、このカウントダウンを見るためにマルコポーロホテル香港に宿泊する人も多く、そして皆が「少しでも良い場所を」取ろうとするために夜8時頃からすでにそのスペースは人でいっぱいに。

DSC04608

いくら何でもカウントダウンのためだけに4時間も駐車場に座り込んで待つだけの根性はなく、ぼくはカウントダウン開始直前まで部屋で待機し、30分くらい前に駐車場へと降りています。

いよいよカウントダウンの開始

こちらが駐車場へ降りて陣取ったところ(宿泊客専用スペースは混雑しており、結局その中には入らずに広々とした一般スペースに移動した)。
駐車場には多くの車が集まり、それぞれサンルーフから乗り出したり、車の上に乗ったりと様々でですね。

DSC04745

こちらがその花火の様子。
まず年明け10秒前くらいからコンベンションセンターの壁面に埋め込まれたLEDがカウントダウンを開始し、周りの人もそれにあわせて盛り上がり、「0」となった瞬間にドカンと打ち上げ。

時間にしておおよそ10分程度ですが、海上に浮かべた船の上からかなりな広範囲に渡って花火が打ち上げられ、まさに壮観。

駐車場から出るのは(人も車も)ちょっと大変

ただし花火が終わった後はちょっとした問題があり、その「6階駐車場から降りるにも上がるにもエレベーターが混雑する」ということ。
そのために花火終了前から移動する人も多いようですね(駐車場に止めた車も同じで、早く帰る車も多かった)。

しかしながらこの駐車場はショピングセンターと直結しているので、この6階から5階駐車場へと階段で降りると「ハーバーシティ」内へ入ることが可能。
今度はそこから階段で地上へ(エレベーターを使わずに)出ることができます。

ちなみに年明け前後はカントンロードも歩行者天国となり、大量のパリピが登場。

DSC04758

そしてホテル1階からエレベーターに乗ると難なく自分の部屋まで戻ることができます(皆6階から自分の部屋に戻ろうとするので、1階から乗る人は非常に少ない)。

こちらはホテルの部屋から見た駐車場。
だいたい午前一時くらいですが、まだ駐車場はパーティーで盛り上がっており、出庫する車も列を作っている状態(ランボルギーニ・ウラカン・スパイダーの姿も右端に見える)。

だいたい夜2時半くらいまではこんな状態で、正直パーティーの音楽の音が大きくて眠れず、当然ながら翌日は寝不足に。

DSC04767

他の画像はFacebookのアルバム上にて公開しています。

-■外国ネタ・旅行など
-, , , ,