ad-728





>テスラ(TESLA) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等

テスラが定例の業績発表。モデル3は予定の1/73しか生産できず、しかし全体では27%増加

2018/01/10


| それでもテスラは成長株だ |

テスラの四半期ごとの販売状況について、多くの投資家が期待しているところですが、2017年最後のレポートはいささか皆の期待を裏切る結果に。
これは既報の通り新型車である「モデル3」のデリバリーが進んでいないことに起因するものの、それでも2016年の同時期を27%上回って「過去最高」の成績に。

今後どうなるモデル3?

2017年第四四半期の販売台数は下記のとおりではありますが、年単位で見ると2016年の台数を33%超えており、モデル3が無かったとしてもかなり良い結果であったとも言えます(ただ、モデル3に対する期待が大きすぎた)。

モデルS・・・15,200台
モデルX・・・13,200台
モデル3・・・1,550台

なお、「当初の予定」だとモデル3の生産は2017年に11万台(2018年には30万台を作るとしていた)。
ただし現実的には(第四四半期からデリバリーが始まったとして)予定のわずか1/73しか達成できていないということになりますね。

テスラ・モデル3は発売前の時点で41万台の予約を集めたと公表されているものの、このままのペースでは予約台数分を捌くのに相当な時間がかかることになるのかもしれません。

現在多くの企業がテスラについて「赤字を垂れ流している」「従業員をクビにしており社会的責任が感じられない」「できない約束ばかりする」と避難していますが、それでも発売までこぎつけたのは大したものだ、と考えています。

あわせて読みたいテスラ関連投稿

->テスラ(TESLA), ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等
-, , , , ,