ad-728





■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >マクラーレン(McLaren)

マクラーレンは2017年に3340台を売り「過去最高」に。同じような車ばかりなので利益率も高い?

| マクラーレンは予想通り記録更新 |

マクラーレンが「2017年は過去最高の業績だった」ことを発表。
その販売台数が3340台となり、そのうち2/3を占めるのは540C/570S/570GT/570スパイダーといった「スポーツシリーズ」。
具体的には2119台のスポーツシリーズ、1221台のスーパーシリーズ(720S)を販売したことになりますが、720Sは2017年後半になってからのデリバリー開始なので、2018年にはさらに多くの台数を販売することになりそう。※2016年は3286台

2018年はさらに伸びそう

マクラーレンは超限定モデルの「セナ」を発表し、そして今後センターシート採用の「BP23」を発表する見込みで、これらは台数としては非常に少ないものの、しかし「利益金額」としては相当なレベルに達するものと思われます。

なお「利益」と言えばマクラーレンのカスタムプログラム「MSO」があげるものがかなり多いと思われますが、マクラーレンは基本的にエンジンとシャシーをいずれのモデルも共有しており、他にも各車種間で共通するパーツや構造が多いため、「効率のいい」メーカーだと言えそうですね。

Mclaren BP23

例えばランボルギーニは「アヴェンタドール」「ウラカン」「ウルス」といった3モデルを持ちますが、これらはモノコック、エンジン、トランスミッションが全て「別」。
加えてウルスと他モデルとはエンジン搭載位置も異なります。

フェラーリは「かリフォリニア」「488」「812スーパーファスト」の三つで、やはりそれぞれ相違があり(ランボルギーニの場合よりは差が小さい)、しかしマクラーレンは「骨格とエンジン、そしてエンジン投資位置、トランスミッションも同じ」。

よって販売台数が仮に他メーカーと同じだとしてもマクラーレンは「利益が大きい」ことになり(ランボルギーニはまたグループ内でのシナジー効果があるので単純比較はできない)、しかしマクラーレンはバリエーションが少ないため(ランボルギーニにとってのウルスのように)「大きく販売を伸ばす」のがむずかしいのも間違いなさそう。

合わせて読みたいマクラーレン関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



-■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等, >マクラーレン(McLaren)
-, , , , ,