ad-728





>ポルシェ・マカン関連 >その他ポルシェ関連/ニュース

2017年のポルシェは10%成長し246,375台を販売。うちマカンは97,000台、中国市場は71,508台


| 販売台数ベースでは2017年に10%成長 |

ポルシェが2017年通じての業績を公開。
これによると2017年は246,375台を販売し、2015年の187,208台、2016年の225,121台に続いて大きな躍進となっています。
なお6年前の2011年は116,978台だったので、そこから考えると「倍」の成長。
この原動力となったのは「マカン」だということが数字から明らかになっています。
ポルシェ・ジャパンからのプレスリリースはこちら

成長の立役者はマカン

そのマカンですが、登場は2014年。
現在ポルシェにおいて最も販売の多いモデルとなっており、2017年には約97,000台を販売することに(これは2008年のポルシェ全体の販売台数に同じ)。
続くカイエンは64,000台となっており、モデル末期であったこと、新型カイエンのデリバリーが本格化していないことを考えるとかなり優秀な数字。
よって2018年は新型の数字がここに大きくプラスされ、さらに伸びることになりそうですね。
なお911シリーズは32,000台、モデルチェンジを迎えたパナメーラは28,000台、718ボクスター/ケイマンは25,000台と続きます。

もはや中国は「ナンバーワン」から「ぶっちぎりのナンバーワン」に

市場別に見ると大きく伸びたのは中国で10%成長し71,508台。
アメリカは55,420台(+2%)となっており、かつてのナンバーワン試乗は中国に大きく差をつけられた形に。
その次はドイツで28,317台(-3%)となっています。
なお日本は6,923台 前年比100.5%となっており、毎月の販売状況を見ると前年割れも多く、かなり苦戦している、と言えそうですね。

ほか、現在までに2017年の販売状況を公開している主要メーカーは下記の通り。

マクラーレン 3,340(+10%)
アストンマーティン 5,117(+58%)
メルセデス・ベンツ 2,289,344(+9.9%)

->ポルシェ・マカン関連, >その他ポルシェ関連/ニュース
-, , , , , , , , ,