>アウディ(Audi) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェがスポーツカー向けEVプラットフォーム「SPE」設計?ランボルギーニと共有とのウワサ

投稿日:2018/01/18 更新日:

| VWアウディはスポーツカー向けEVプラットフォームを用意 |

ポルシェが将来的にアウディ、ランボルギーニとシェアするエレクトリックスーパーカー向けのプラットフォームを設計する、というウワサ。
ポルシェはかねてよりスポーツカー向けのプラットフォーム設計に自信を持っており、フォルクスワーゲン・アウディグループ内においても「グループ内のスポーツカーはすべてポルシェ設計のプラットフォームを使用すべき」と主張。

今後EV化には「3つの波」

現在フォルクスワーゲン・アウディグループは「ロードマップE」を2017年のフランクフルト・モーターショーにて大々的に公開し、一気にEV化への動きを示しています。
今回、何らかのカンファレンスで示された資料が流出しており、これによると2019年からEV化「第一の波」、2021年には「第二の波」、2026年頃には「第三の波」があることがわかります。

vw

そしてこの「第三の波」においてはスポーツカーセグメント向けの「SPE」プラットフォームが登場していますが、これが「ポルシェによる」設計になる、と今回言われているわけですね。

加えてアウディR8は現行モデルを最後に消滅という噂があるものの、これもこの「SPE」プラットフォームにて復活の可能性があり、さらにランボルギーニがこれを使用する可能性も示唆されていて、今後どうなるのか気になるところ。

各ブランドの独自性は「デザイン」だけに?

ちなみに現行アウディR8、ランボルギーニ・ウラカンとプラットフォームをシェアする「ポルシェ製ミドシップスーパースポーツ」の登場が過去何度か話題となっていますが、おそらくはポルシェがそのプラットフォーム使用に合意できず話が流れた模様。
しかし近い将来、EVにはなるものの「アウディ、ポルシェ、ランボルギーニ」の3ブランドが同じプラットフォームを使用してスーパースポーツをリリースする可能性が出てきたことになり、時を経てかつてのウワサが実現する、ということになるのかもしれません。

なおランボルギーニは「1モデル1エンジン」というポリシーを持っており、異なるモデル間ではエンジンをシェアしない、という明確な方向性を持っています。
加えて「V12モデル」は唯一絶対の存在であり、パーツの共有をほかモデルに許さないという主義を貫いていますが、EV時代になるとプラットフォームやモーターは「共有」せざるを得ず、こちらにも大きな変化が訪れそうですね(もしかするとスーパースポーツのモデル数が2から1になったり)。

あわせて読みたい関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->アウディ(Audi), >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >その他ポルシェ関連/ニュース
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.