ad-728





■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >ミニ(MINI) >ロールスロイス(Rolls-Royce)

BMWは2017年に2,088,283台を販売し+4.2%。5シリーズは55%伸びて「もっとも売れたプレミアムセダン」に

| BMWも2017年には成長を記録 |

BMWグループ(BMW、ミニ、ロールスロイス、BMWモトラッド)が2017年の販売状況を公開。
これによるとBMW単体で2,088,283台を販売し、これは前年比で4.2%の成長。
シリーズ別に見ると「Xシリーズ」がSUV人気を反映して9.6%増加、1シリーズも(モデル末期にかかわらず)14.7%も増えた、としています。

モデルによって明暗がくっきり

その他だとモデルチェンジを受けた5シリーズは55.2%の成長(291,856台)を記録し、「世界で最も売れたプレミアムセダン」に。
なお7シリーズも意外と売れており、4.5%増加となる64,311台を販売したとのことで、となると売れていないのは「2シリーズ」「3シリーズ」「4シリーズ」「6シリーズ」ということになりますね。
この数字を見ると意外や「プレミアムサルーン」は好調ということになり、ランドローバーはじめ、他メーカーがこのセグメントに参入したがるのも理解できるような気も。

BMWは今後も「Z4」「8シリーズ」「X7」の投入が控えており、2018年も引き続き販売が伸びるのは間違いなさそうです。

ミニは前年比+3.2%

ミニでは2017年に371,881台を販売し、これは前年比で3.2%。
モデルチェンジを行なった「クロスオーバー(日本以外では”カントリーマン”)」が30%の伸びを示し、これは84,441台。
続いて成長率が高かったのはミニ・コンバーチブルで、その数字は12%だと公表されています。
なお、クロスオーバー、コンバーチブルがこれだけ伸びているのに全体の成長率が3.2%ということは、「他のモデルはかなり苦しい」と考えて良さそう。

ローススロイスは前年比マイナス16%

ロールスロイスはBMWグループの中で唯一販売減少となったブランドですが、これは「ファントム」のモデルチェンジに伴って一時デリバリーが中断されたことが原因とみられ、その分を2018年に取り返すのは間違いなさそうですね。
なお、ロールスロイスの販売は3,362台で、2016年比でマイナス16.2%。

BMWグループ全体にて、エレクトリック化されたモデルでは目標の「10万台」を超えたことが先日発表されていますが、通年での販売台数は10,380台。
これは65.6%の成長で、とくにi3が23.3%の成長(31,482台)。
そのほかハイブリッドモデル(BMW iPerformance)はほぼ「倍」の伸びを示しており、ミニ・クロスオーバーPHEVも好調であった、としています。

業界自体は成長基調

なお現時点での主要自動車メーカー公表による2016年の販売台数は下記の通り。

マクラーレン 3,340台(+10%)
アストンマーティン台 5,117(+58%)
メルセデス・ベンツ台 2,289,344(+9.9%)
ポルシェ 246,375台(+10%)
BMW 2,088,283台(+4.2%)
ミニ 371,881台(+3.2%)
ロールスロイス 3,362台(-16%)
アルファロメオ 150,772台(62%)

あわせて読みたい関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



-■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等, >BMW(ビー・エム・ダブリュー), >ミニ(MINI), >ロールスロイス(Rolls-Royce)
-, , , , ,