ad-728





>中国/香港/台湾の自動車メーカー

中国自動車メーカーが超格好良いエレクトリックSUV発表。トヨタやホンダと提携しておりノウハウを吸収?

2018/01/18


| 中国メーカーとは思えない斬新さ |

中国の自動車メーカー、「GAC(Guangzhou Automobile Industry Group)=広州汽車」がデトロイト・モーターショーにて格好いいEV、”Enverge”を公開。
GACは中国・広州に拠点を置く会社ですが、ホンダ、トヨタ、フィアット、三菱と合弁を展開しており、高い実力を持つとされる会社のひとつ。

実際にNewsweekにおいても「海外進出が可能な中国自動車メーカーの一つ」として特集が組まれるなど、侮れない存在でもあります(1997年創業ながら中国国内では2017年に50万台を売るなど、躍進著しい)。

現時点でのスペックやデザインは非現実的

今回発表されたEnverge(エンヴァージ)はピュアEVで、一回の充電あたり走行可能距離は約550キロ。
なんとワイヤレスチャージ(携帯電話ではなくて車両本体)にも対応しており、10分で400キロ走行分の充電が可能だと主張しています。

gac-enverge (3)

インテリアは薄くスタイリッシュなシート(コンセプトカーにこういったシートがよく使われる。室内が広く見えるから?)、ダッシュボード左右に渡る広大なディスプレイが特徴。

gac-enverge (2)

外装ではガルウイング(ディヘドラル・ドア)が特徴となるものの、市販バージョンではもちろん普通のドアになりそうですね。

独自性があり魅力的なデザインだと言えそうで、おそらくはデトロイト・モーターショーにおいてもかなりな話題となったのかもしれません。

gac-enverge (4)

GACではこのエンヴァージを2019年に販売したいとしており、もし実現すればかなり画期的、そして中国自動車メーカーが世界へと進出する「きっかけ」にもなりそうです(ホバーボードよろしく、それが悲劇の始まりでなければ良いとは思いますが)。

->中国/香港/台湾の自動車メーカー
-, , ,