>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

トヨタ「新型GRスープラはニュルを7:40で走れる」←7:40はレクサスLFA、ブガッティ・ヴェイロンと同じタイムだが・・・

本当に実現できれば一大事 トヨタのスポーツ車両統括責任部長、多田哲哉氏によると、GRスープラはニュルブルクリンクを7分40秒程度で走行できる、とのこと。ただし現在のところはニュルブルクリンクのタイムアタックを行っていないので「想像」の範囲に留まりそうですが、新型スープラは幾度となくニュルブルクリンクを走り込むことで熟成を重ねており、そこから得た感触であれば実際にこのタイムを出すことは難しくないのかもしれません。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】キー上で車両の情報確認や機能の操作を行える、日産GT-R向け ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

新型BMW 7シリーズ発表!「キドニーグリルは40%大きくなり、5cm高くなった」。なおBMWエンブレムもあわせて巨大化

これでBMWも「脱金太郎飴」デザインへとシフト 直前にオフィシャルフォトがリークされてしまった新型BMW 7シリーズが公式に公開。今回は「新型」とはいえどもフェイスリフト(マイナーチェンジ)に該当する改良となります。ただ、内外装において「見える部分」は大幅にアップデートされており、アッパーマーケットにおいて影響力を強めようというBMWの強い意思を見て取れる内容となっているようですね。 こちらもオススメ、関連投稿BMWが1/2シリーズをフェイスリフト。前後ランプの改良がメインで内外装の変更は極小新型BMW ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

新型トヨタGRスープラにはMT追加の可能性も。「無視できないほどの要望があればMT搭載も考えねばならない」

過去にはMTを実際にテスト済み、その上でATのみとした経緯も GRスープラが発表されてから数日が経ちましたが、市場の反応は概ね良好。おそらくは最大の市場となる北米からもとくにネガティブな意見は出ていないようで、そのほとんどは好意的、いや熱狂的とも言えるものばかり。新型GRスープラはBMW Z4との共同開発ではありますが、目に入る部分でZ4との共通点は(ドアミラーを除くと)見当たらず、トヨタのデザイナーは本当にいい仕事をした、と考えています。 なお、新型GRスープラは非常に複雑な面構成を持っていて、それはお ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren)

マクラーレン600LTスパイダー参上。グローブボックスなし、カーペットもなし。リトラクタブルルーフは「布よりも軽い」

完全に妥協を廃したピュアスポーツ マクラーレンが先般よりティーザーキャンペーンを展開していた「600LTスパイダー」を公開。「600LT」は570Sをベースにしたマクラーレンきってのハードコアモデルですが、そのオープンモデルが「600LTスパイダー」となります。 ”マクラーレンオレンジ”の600LTが公開。加えて本国価格は185500ポンド(2750万円)と発表 こちらもオススメ、関連投稿日本でもマクラーレン600LTがお披露目。価格は2999万9000円、1年間のみの限定生産”マクラーレンオレンジ”の6 ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >スバル(SUBARU) ■外国ネタ・旅行など ■ニュース

香港では日本車人気が加速中!GT-Rやシビック・タイプR、スバルBRZのほかミニバンのカスタムも大人気

香港で人気の日本社ははスポーツモデルかミニバンだ さて、香港で見かけた日本車たちを紹介。香港は日本やイギリスと同じ「右ハンドル」国ということで古くから日本車が輸出されており、そのため日本車の人気がもともと高い地域でもあります。そして現在人気の日本車というと「スポーツカー」「ミニバン」。そのほかだとコンパクトカーは時々見かけるものの、セダンは欧州勢(特にジャーマンスリー)に押されて日本車はあまり走っていないようですね。※せいぜいレクサスのセダンくらい こちらもオススメ、関連投稿海の向こうでは大人気!RX-7 ...

ReadMore

>フォード(FORD) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

フォルクスワーゲンとフォードが提携!電気自動車や自動運転関連技術を共有しコスト削減に動く

フォルクスワーゲン版「フォードF-150」、フォード版「ワーゲンバス」が登場するかも ロイターによると、フォルクスワーゲンとフォードとが提携を行うと発表した、とのこと。両社とも非常に大きな規模を誇る自動車メーカーですが、電気自動車や自動運転関連技術、トラックやバンといった商用車部門での共同開発を行ってゆくことが目的だと伝えられています。※2017年の売上高だと、フォルクスワーゲンは1位、フォードは6位 こちらもオススメ、関連投稿【動画】ブガッティが3Dプリンタで製造した新型ブレーキキャリパーを公開。「重量 ...

ReadMore

■このサイトについて >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMWは新型Z4の加速タイムを”スープラ超え”に上方修正。新型スープラのスペックよりも劣るのが我慢できなかった模様

BMW Z4の0-60マイル加速タイムが4.4秒から3.9秒に修正される トヨタは先日デトロイト・モーターショーにて新型スープラを発表しましたが、その際に公表したのが「0-100km/h加速4.3秒」という数字。アメリカだとキロではなく「マイル」が使用されるため、「時速0-60マイル(時速96キロ)」が「0-100キロ」の代わりに用いられるのが一般的ですが、この「0-60マイル」だと新型トヨタ・スープラは4.1秒という数字を誇ることになります。 この記事のあとによく読まれている投稿

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

新型BMW 7シリーズの公式画像がリーク!新旧BMW 750Liを比較してみると大きなキドニーグリルが格好良く見えてきた

新旧7シリーズを比較すると、やはり新型のほうが高級感と威厳があるようだ 先日、おそらくカーコンフィギュレーター上のものと思われる画像が流出した新型BMW7シリーズですが、今回はオフィシャルフォトっぽい画像がリーク。ちなみに新型7シリーズ自体は一両日中に発表される予定であり、その直前になっての流出、ということになります。BMWの場合、これまでにも8シリーズやX5、X7の画像が発表直前にリークされていて、比較的「漏れやすい」会社なのかもしれません。 ついに新型BMW 7シリーズのオフィシャルフォトがリーク。キ ...

ReadMore

>ポルシェ911関連

ゲンバラが0-100km/h加速2.38秒の「911GTR 8XX Evo-R」発表!前後リベット留めのオーバーフェンダーを持ち「993GT2」風のルックス

ボディパネルはフルカーボン ポルシェチューナーとして知られるゲンバラ(Gemballa)が991世代の911ターボをベースにチューンした「ゲンバラGTR 8XX Evo-Rの実車を公開。ゲンバラはすでに昨年、「構想」としてのGTR 8XX Evo-Rを公開していますが、この時点での「目標」出力は828馬力、0-100キロ加速2.3秒というスペック。今回発表された実車はこれに少し届かず「810馬力」「2.38秒」とやや目標に遅れるものの、ノーマルの911ターボの出力「580馬力」はもちろん、911GT2RS ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

CG職人がいい仕事をした。新型スープラがオープンになるとこうなる、というレンダリング

トヨタは間違いなく新型スープラにオープンモデルを設定したいと考えているはずだが 新型車が発表されると必ず出てくる、「もしも」系レンダリング。今回もおなじみのX-TOMI DESIGNが「スープラ・コンバーチブル(カブリオレ)」のCG発表一番乗りとなっていますが、なかなかに完成度の高い作品となっており、オフィシャルフォトといっても通用しそう。そしてこの後も続々と同様のレンダリングが登場し、中には「タルガ(エアロトップ)」「ワゴン」「トラック」「オフローダー」といったレンダリングが登場するのは想像に難くないと ...

ReadMore



>BMW(ビー・エム・ダブリュー) >韓国の自動車メーカー >ポルシェ・パナメーラ関連

【動画】そんなにいいのキア・スティンガー?今度はポルシェ、BMWとガチで勝負

投稿日:

| 今までは「安かろう、悪かろう」ブランドだったが |

先日、ランボルギーニ・アヴェンタドールと自社のコンパクトセダン「フォルテ」を比較するという予想外の行動に出た韓国キア。
今回はそのスポーツモデル「スティンガーGT」をポルシェ・パナメーラ(3リッターV6)、BMW6シリーズ・グランクーペ(640i)と比較した動画を公式にて公開しています。








キアが本格的に反撃に出る

前回の「アヴェンタドールとフォルテ」は性能を直接比較するものではありませんでしたが、今回の動画では「加速、コーナリング、スラローム、サーキット走行性能」をガチで比較したものとなっています。
以前にもフォルクスワーゲン・ゴルフR、ホンダ・シビック・タイプR、フォード・フォーカスRSらと比較した動画(これはキア公式ではない)が公開されており、「意外と」高性能であることも判明。

キアは現在ヒュンダイ傘下にあり、これまで比較的低価格のクルマを販売してきたメーカー。
そのメーカーがイキナリ500万円くらいの「プレミアムサルーン」、スティンガーを発売してきたことで多くの人を驚かせることに(スズキが高級車を発売したときのようなイメージ)。
ライバルはBMW4シリーズ・グランクーペ、アウディA5という高い目標を掲げ、そのサイズも全長4831ミリ、幅1869ミリとかなり立派です。

エンジンは255馬力の2リッターターボもしくは365馬力の3.3リッターターボで、3.3リッターエンジン搭載モデルの0-100キロ加速は5.1秒、最高速度は時速269キロ。
トランスミッションは8AT、駆動輪は後輪が基本でオプションにて4WDを用意しています。

kia-stinger

このキア・スティンガー発表時には誰もから「これは売れない」「買う人の姿が見えない」と言われたものですが、いざ登場してみると相当に優れたクルマらしく、発売前とは評価が一転。
そこまで高評価を得たクルマであるならば一度は試乗してみたい、と思わせるほどです。

結果はどうなん?

ざっとこんな感じになっており、「総合的に考えるとキア・スティンガー」という驚きの評価に。
日本ではこういった「他メーカーとの比較」はあまり行われず(規制は解除されている)、消費者にも好まれませんが、欧米ではけっこう一般的。

ただしこれを嫌う人も多い(とくに高価格帯の製品を購入する人)ので、比較広告を行うのは一般に下位メーカーというのが現状。
こういったメーカーが「安いけど他よりいい」と宣伝を行うわけですね。
そして、こういった広告になびいて製品を買う人というのも特定の人たちであり、少なからずそういった層が存在するのもまた事実(価格の割に性能が高いクルマを選ぶ人もいれば、性能の割に価格が高くとも付加価値のあるクルマを買う人もいる)。

この結果を見ると、モデル末期とはいえどBMW6シリーズにとってはかなりツライ結果になったと言えそうです。

価格
1.ポルシェ・パナメーラ 90,900ドル
2.BMW6シリーズ 89,125ドル
3.キア・スティンガー 41,250ドル

0-100キロ加速

1.キア・スティンガー 4.6秒(公称値よりも速い)
2.ポルシェ・パナメーラ 5.14秒
3.BMW6シリーズ 5.18秒

コーナリング(Gフォース)
1.ポルシェ・パナメーラ 1.049G
2.キア・スティンガー 1.024G(1G超えとる・・・)
3.BMW6シリーズ 0.966G

スラローム(平均速度)
1.ポルシェ・パナメーラ 時速62マイル
2.キア・スティンガー 時速63マイル
3.BMW6シリーズ 時速59.6マイル

サーキット走行タイム
1.キア・スティンガー 45.7秒
2.ポルシェ・パナメーラ 45.86秒
3.BMW6シリーズ 47.78秒

それでは動画を見てみよう

こちらがポルシェ・パナメーラとBMW6シリーズ、キア・スティンガーを比較した動画、「Stinger GT vs Porsche Panamera vs BMW 640i AMCI Test」。

こちらはカースロットルによる、キア・スティンガーはいい車だという「Why It's OK To Love The Kia Stinger GT-S」。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->BMW(ビー・エム・ダブリュー), >韓国の自動車メーカー, >ポルシェ・パナメーラ関連
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.