ad-728





>BMW(ビー・エム・ダブリュー) >韓国の自動車メーカー >ポルシェ・パナメーラ関連

【動画】そんなにいいのキア・スティンガー?今度はポルシェ、BMWとガチで勝負


| 今までは「安かろう、悪かろう」ブランドだったが |

先日、ランボルギーニ・アヴェンタドールと自社のコンパクトセダン「フォルテ」を比較するという予想外の行動に出た韓国キア。
今回はそのスポーツモデル「スティンガーGT」をポルシェ・パナメーラ(3リッターV6)、BMW6シリーズ・グランクーペ(640i)と比較した動画を公式にて公開しています。

キアが本格的に反撃に出る

前回の「アヴェンタドールとフォルテ」は性能を直接比較するものではありませんでしたが、今回の動画では「加速、コーナリング、スラローム、サーキット走行性能」をガチで比較したものとなっています。
以前にもフォルクスワーゲン・ゴルフR、ホンダ・シビック・タイプR、フォード・フォーカスRSらと比較した動画(これはキア公式ではない)が公開されており、「意外と」高性能であることも判明。

キアは現在ヒュンダイ傘下にあり、これまで比較的低価格のクルマを販売してきたメーカー。
そのメーカーがイキナリ500万円くらいの「プレミアムサルーン」、スティンガーを発売してきたことで多くの人を驚かせることに(スズキが高級車を発売したときのようなイメージ)。
ライバルはBMW4シリーズ・グランクーペ、アウディA5という高い目標を掲げ、そのサイズも全長4831ミリ、幅1869ミリとかなり立派です。

エンジンは255馬力の2リッターターボもしくは365馬力の3.3リッターターボで、3.3リッターエンジン搭載モデルの0-100キロ加速は5.1秒、最高速度は時速269キロ。
トランスミッションは8AT、駆動輪は後輪が基本でオプションにて4WDを用意しています。

kia-stinger

このキア・スティンガー発表時には誰もから「これは売れない」「買う人の姿が見えない」と言われたものですが、いざ登場してみると相当に優れたクルマらしく、発売前とは評価が一転。
そこまで高評価を得たクルマであるならば一度は試乗してみたい、と思わせるほどです。

結果はどうなん?

ざっとこんな感じになっており、「総合的に考えるとキア・スティンガー」という驚きの評価に。
日本ではこういった「他メーカーとの比較」はあまり行われず(規制は解除されている)、消費者にも好まれませんが、欧米ではけっこう一般的。

ただしこれを嫌う人も多い(とくに高価格帯の製品を購入する人)ので、比較広告を行うのは一般に下位メーカーというのが現状。
こういったメーカーが「安いけど他よりいい」と宣伝を行うわけですね。
そして、こういった広告になびいて製品を買う人というのも特定の人たちであり、少なからずそういった層が存在するのもまた事実(価格の割に性能が高いクルマを選ぶ人もいれば、性能の割に価格が高くとも付加価値のあるクルマを買う人もいる)。

この結果を見ると、モデル末期とはいえどBMW6シリーズにとってはかなりツライ結果になったと言えそうです。

価格
1.ポルシェ・パナメーラ 90,900ドル
2.BMW6シリーズ 89,125ドル
3.キア・スティンガー 41,250ドル

0-100キロ加速

1.キア・スティンガー 4.6秒(公称値よりも速い)
2.ポルシェ・パナメーラ 5.14秒
3.BMW6シリーズ 5.18秒

コーナリング(Gフォース)
1.ポルシェ・パナメーラ 1.049G
2.キア・スティンガー 1.024G(1G超えとる・・・)
3.BMW6シリーズ 0.966G

スラローム(平均速度)
1.ポルシェ・パナメーラ 時速62マイル
2.キア・スティンガー 時速63マイル
3.BMW6シリーズ 時速59.6マイル

サーキット走行タイム
1.キア・スティンガー 45.7秒
2.ポルシェ・パナメーラ 45.86秒
3.BMW6シリーズ 47.78秒

それでは動画を見てみよう

こちらがポルシェ・パナメーラとBMW6シリーズ、キア・スティンガーを比較した動画、「Stinger GT vs Porsche Panamera vs BMW 640i AMCI Test」。

こちらはカースロットルによる、キア・スティンガーはいい車だという「Why It's OK To Love The Kia Stinger GT-S」。

->BMW(ビー・エム・ダブリュー), >韓国の自動車メーカー, >ポルシェ・パナメーラ関連
-, , , , , ,