ad-728





>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

メルセデスAMGがエレクトリックスーパーカーに「イエス」。しかしまずは805馬力のハイブリッドから

2018/01/27


| まずは805馬力のパワーハイブリッドから |

メルセデスAMG開発部門を率いるオラ・カレニウス氏が「エレクトリック・スーパーカー」の可能性を示唆。
「現在は確固たるプランがあるわけではないが、我々は以前にそれを作ったことがある」と発言していますが、それはもちろん「SLS AMGエレクトリックドライブ」のこと(画像)。
これは4つのモーターをで4輪を駆動するピュアエレクトリックカーで、合計出力は740馬力。
当時はほぼ「試験販売」のようなもので、そのため販売台数は100台程度にとどまった、とも言われていますね。

AMG「エレクトリックカーでもスポーツ性を維持できる」

加えて同氏は「我々がターボエンジンに移行する際にも多くの人々が”AMGはもう終わりだ”と言った。だが実際はどうだ?我々は自然吸気エンジンに勝るサウンドやパフォーマンスを持つターボエンジンを作り上げた。それと同様にエレクトリックカーにおいてもスポーツカーとしての魅力を失わない車をつくることができる」とも語っており、相当な自信を見せているようですね。

ただし現在の最優先事項はポルシェに対抗できる「ハイパフォーマンス・ハイブリッド」の開発で、メルセデスAMGはこれを「パワーハイブリッド」と呼んでおり、新しく発売するメルセデスAMG GTの4ドアバージョンへと搭載したい意向。
なお、この「パワーハイブリッド」は既存の4リッターターボエンジンとモーターとを組み合わせたもので、出力は805馬力を予定しているようですね。

あわせて読みたい、メルセデスAMG関連投稿

->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)
-, , ,