ad-728





>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

新型トヨタ・スープラ、新型BMW Z4が並ぶ貴重な画像。共同開発でもけっこう違う?

2018/02/13


| 完全に並ぶ姿ははじめて? |

新型トヨタ・スープラ、新型BMW Z4は両社によって共同開発され、製造も同じオーストリアのマグナシュタイアにて製造されますが、今回は(かなり)珍しく二台が並んだスパイフォトが登場。
これを見るとやはりスープラのドアミラーはBMWと共通であることがわかり、エンジンやトランスミッションがBMW製ということを考えても、新型スープラは「BMW寄り」の車だと言えそうです。

意外と両者には相違がある

トヨタのサプライヤーは日本、BMWのサプライヤーは欧州に集中していることを考えるに、いかに共同開発といえども「BMWのサプライヤーを利用した方が」生産効率がいい、ということなのかもしれませんね(トヨタディーラーの整備担当はいろいろと新しいことに直面するので戸惑いがありそう)。
加えてこの状況を見るに「トヨタとBMWが共同でテストを行なっている」ことも意味し、両者でかなり緊密な情報交換を行なっていることも想像可能。

ちなみに「フィアット124スパイダー」「アバルト124スパイダー」はマツダがロードスターをフィアット/アバルト向けに供給したものですが、こちらの開発プロセスは「共同」というものではなく、フィアット側がマツダに要望を伝え、マツダが試作車を作り、そしてフィアット/アバルトがそれにOKを出す、という方法。
そのほか、日産の軽自動車のように完全に「OEM」つまりバッジエンジニアリングを行う場合もあり、自動車会社どうしの製品開発にはいろいろな手法がありそうです。

今回、こうやってスープラ/Z4両者が並ぶ画像を見ると「完全に別の車」と言ってよく、BMW Z4は横長でテールランプが(ほかのBMW同様)釣り上がっており、トヨタ・スープラはボディ上方に行くに従い絞られたデザイン、そしてテールランプに「垂れ下がった」発光形状が与えられているために印象が大きく異なることもわかります。
なお新型トヨタ・スープラはボディ形状が大きく「うねって」いることもわかりますね。

なお現在における両者の情報は下記のとおり。

新型トヨタ・スープラの情報まとめ

新型BMW Z4の情報まとめ

VIA:Motor1

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など, >BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , ,