ad-728





>フェラーリ(Ferrari) ■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など

フェラーリ488GTO?スペチアーレ?その過激な姿がイベント会場よりリーク

| お披露目会場よりリーク |

かねてよりウワサの「フェラーリ488GTO(仮称)」がイベント会場よりリーク。
関係者と限定された招待ゲストのみが参加したプレビューイベントでの画像と思われますが、おそらくはこれ専用に作られたであろうインスタグラムアカウント「only_ferrari488gto」によって投稿されたもの。
スペックは未確認ながらも「3.9L/V8ツインターボ700馬力、最高速度330km/h、0-100キロ加速2.6-2.9秒」という説が有力です。※名称については「スポーツ・スペシャル・シリーズ」というウワサも

488GTB/488スパイダーとはかなり異なるイメージに

現在のところ名称も未定ですが(壁には”SPECIALE=スペチアーレと書いてあるように見えるものの、これも名称かどうかは不明)”、とりあえず公開されたこの姿を見るに、フロントバンパー形状は大きく変更されて458スペチアーレベースのワンオフ「458MMスペチアーレ」っぽい形状に、そしてこれまでに無いようなシャープな造形を持っています。

フロントバンパーのエアインテーク両端はつり上がっていて鋭角的なエンド部を持ち、陰影からするに明確なエッジがあるようですね。
フロントフードもエアフロー改善のためか大きなダクトが設けられることに(ちょうどホワイトのダブルストライプがエアの流れになるのだと思われる)。

アンダー部分はフロンバンパー下部からサイドへと続く「抉られた」デザインが特徴的で、他メーカーのように「出っ張って」おらず、当然これも何らかの意味があるものと思われます。

さらにリアフェンダー上のエアインテークもフロントバンパーと一致する「>」といったデザインを持ちますが、エアインテークをこういった感じで大きくアピールするのはフェラーリにとってはかなり珍しい例ですね(458においても、ピニンファリーナがリアフェンダー上にエアインテークを設けることを頑なに拒んだと言われる。その後の488ではデザインがピニンファリーナからフェラーリに移り、エアインテークがフェンダー上に設置されることに)。

現時点でわかっていることは少なく、しかしボディにはカーボンファイバーが相当量使用される、ホイールは40%軽量、エアロダイナミクスは20%改善、トランスミッション(DCT)とステアリングレシオは専用にチューニングされる、といったことが内部資料からも明らかに。

デビューは3月のジュネーブ・モーターショーだと言われており、久々の「大物」登場となりそうです。

あわせて読みたいフェラーリ488”GTO”関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->フェラーリ(Ferrari), ■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など
-, , , ,