ad-728





>ミニ(MINI)

ミニ・エレクトリックの市販モデルと思われる車両が目撃。完成度は高くこのまま市販?

2018/01/31


| けっこう完成度は高い |

ミニのフルエレクトリックモデルと見られるプロトタイプが目撃に。
「ミニ・エレクトリック・コンセプト」は2017年のフランクフルト・モーターショーにて発表されており、ミニは2019年にこれを市販することを明言しています。

今回目撃されたテスト車両はフロントグリルにカバーが取り付けられ、さらにエキゾーストパイプがないことから「ピュアEV」であることが予想でき、かつその完成度を見るに「市販の準備は整いつつある」と考えられそう。

さらに外観は「ほぼそのまんま現行ミニ」のようで、エレクトリックモデルとわかる識別点、新規性を感じさせるところはちょっと少ないようにも思われます。

ミニは将来エレクトリックブランドに?

なお、ミニは主たる市場の北米では徐々に人気が下落しており、大きなSUVが人気のアメリカでは競争力を発揮できていない状態。
唯一気を吐いているのが「クロスオーバー」ですが、これもセグメントと価格が上位移行したせいか新型の売れ行きはあまりよろしくはなく、ミニとしてはかなり頭が痛い状態なのかもしれません。

そのためかミニは「このままでは生き残れない」と自社で分析を行っており、「生き残るにはエレクトリックブランドしか方法がない」とも。
幸いミニはこれまでも「ミニE」のようなフルエレクトリックモデルを限定的ながらも投入しており、親会社のBMWはi3のようなフルエレクトリックモデルを発売した実績もあるため、この方法は比較的現実的であるとも考えられます(加えて、i3の後継はないとされているので、i3の生産設備をミニ・エレクトリックに充てることが可能)。

MINI-Cooper-E-007-750x500

ただ、問題は「EVはコストが高くなる」こと、ミニがターゲットとする若年層にはそれが受け入れられないであろうことが想像でき、解決せなばならないことは多そうですね(そのために中国生産を検討しているのかもしれませんが)。

あわせて読みたいミニ・エレクトリック関連投稿

VIA:InsideEV

->ミニ(MINI)
-, ,