ad-728





■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

次期BMW 3シリーズはこれまで以上に種類増加。ディーゼル採用のMパフォーマンスモデルも

2018/03/21

| 次期3シリーズにはディーゼル×スポーツも? |

BMW 3シリーズは2019年にモデルチェンジを迎えると言われますが、Autocarによると、「次期M3は現在よりも多くのバリエーションを持つことになる」とのこと。
現在1シリーズ/2シリーズにはライトな「M」と言える「M140i」「M240i」がありますが、現在3シリーズには未設定(ハイパフォーマンスモデルとしてはM3しかない)。

Mパフォーマンスは今後各シリーズにて投入か

今回のウワサでは360馬力を誇る後輪駆動の「M340i Mパフォーマンス」が追加されると言われ、さらには320馬力のツインターボディーゼルエンジンを搭載したMパフォーマンスモデル「M340d xDrive Mパフォーマンス」が追加される、とも。
BMWはエレクトリック化に熱心なブランドではありますが、BMWのCEO、ハラルド・クルーガー氏によると「ディーゼルは我々の環境に対する目標を実現するのには欠かせない存在」としており、今後しばらくはディーゼルを重要なパワーソースとして位置づける模様。

「M340i Mパフォーマンス」については「M3が高価、高性能になりすぎた」ことへの対策ではと思われ、たとえばM2は370馬力で802万円。
M240iは340馬力で698万円となっており、Mは馬力あたりの価格が21,675円、M240iは20,529円。
つまりM240iは「馬力に比べて割安」とも言えます。

もちろんM2とM240iは単純に馬力のみで比較はできず、根本からして異なる車ではあるものの、サーキット走行をメインの用途に考えておらず、公道しか走らないといった場合は「M240iを購入し、ECUチューンで簡単に(ターボなので)パワーアップ」したほうが安く楽しめる可能性も。
ただしリセールは圧倒的にM2のほうが「上」なので、ここは総合的な判断が必要だと言えそう。

そして「3シリーズのディーゼルエンジン採用Mパフォーマンスモデル」はなかなかおもしろい存在となりそう。
BMWは上述の通りエレクトリック化を強く推進しているものの、パフォーマンス向上のためにエレクトリック化を行わないことでも知られます。
現実的にピュアEV「i3」やPHEVスポーツ「i8」を開発・発売した経験上、「現段階ではエレクトリックとスポーツカーとの相性は良くない(ポルシェも同じ見解を示している)」と判断したのだと思われますが、このあたり「AMG GTの4ドア版」をハイブリッド化して805馬力を絞り出すハイパフォーマンスセダンにしようと考えるメルセデス・ベンツと全く方向性が異なるのが面白いところ。

あわせて読みたい次期BMW 3シリーズ関連投稿

関連投稿:次期BMW 3シリーズが動画で補足。大型化にもかかわらず80キロ軽量化

次期BMW3シリーズ(G20)のプロトタイプ走行を収めた動画が公開に。
ガソリンスタンドでの給油から走行に映る動画ですが、比較的鮮明な映像となっています。
動画を見る限りではカモフラージュシートの他に偽装パネルも貼り付けられており、そのボディ形状はわからないのがちょっと残念。

なお次期3シリーズのデザインは新型5シリーズと同様のデザインになると言われ、これは近年のBMWの傾向を見ても十分に理解出来ることではありますね。

新しいデザイン言語は現行7シリーズに始まり、その後に5シリーズ、ついで3シリーズに採用されることになりますが、ワイド&ローを強調したフォルムに薄いデザインを持つヘッドライトとテールランプが与えられることになりそうです。

加えてプラットフォームはCLARを採用し、やや大型化する、とも。
全長は長くなるようですが、7シリーズや5シリーズ同様に軽量化が進み、次期3シリーズは80キロ程度軽くなる、とされています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



-■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など, >BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-,