ad-728





>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

意外と早く発売?レクサスUXが3月のジュネーブにて市販モデルを発表とのウワサ

2018/02/02


| レクサスは急ピッチでUXの市販化を進めている? |

レクサスが2018年のジュネーブ・モーターショーにて、コンパクトクロスオーバー「UX」を発表するのでは、というウワサ。
現時点では確定ではないものの、幾つかのメディアがこの話を報道しています。
レクサスUXは2016年のパリ・モーターショーにて発表されたコンセプトカーであり、トヨタC-HRをベースとしたSUV。

LF-1とは対象的にデザインは好評

ショー出展後の反響は非常に良好で、レクサスは好評を受けてUXがの市販化にゴーサインを出した、と言われます。
実際のところレクサス側からも発売を認める旨の発言がなされており、現実的に発売は「時間の問題」だと言えそう。

なおレクサスはすでに「UX200」「UX250」「UX250h」を商標登録しており、これを見るにガソリンエンジンとハイブリッド両方がラインアップされるようですね。

価格帯としては「レクサスで最も安い」クルマになりそうですが、若年層を取り込むには強力なラインアップとなりそうで、BMW X2やアウディQ3、メルセデス・ベンツGLAの対抗馬というところ。

レクサスUXのデザインはトヨタが南仏に持つ「ED2」。
先日レクサスはデトロイトモーターショーにて「LF1リミットレス」を発表し、そちらのデザインはトヨタのカリフォルニアにおけるデザイン拠点「CALTY」となっています。

なお、LF1リミットレスはレクサスの古い顧客に「ついて行けない」というクレームが多数発生した、と報じられていますね。

レクサスは今のところSUVのラインアップがまだ少なく、しかし利益の多く(販売では60%)をSUVに頼っている状態。
世界的に「セダン離れ」が進む状況を考えるに、UXはレクサスにとっても「救世主」となる可能性がありそうです。

ただ、日本では大人気のトヨタC-HRがアメリカではあまり売れていないという事実もあり、アメリカでレクサスUXをヒットさせるにはまた異なるアプローチを取る必要があるのかもしれません。

あわせて読みたいレクサス関連投稿

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)
-, ,