ad-728





●アウディTT(8S)

アウディTTの任意保険を更新。昨年比マイナス3万円、67,910円なるも料率クラスはランボルギーニなみ

2018/02/10


| なぜか同じ内容で更新すると昨年比1万円アップ |

さて、アウディTTの任意保険を更新。
車両保険の対象金額が445万円から405万円に下がっており、料率クラスも昨年の「車両8、対人4、対物4、傷害4」から「車両8、対人4、対物3、障害4」へと下がっているにもかかわらず、なぜか年間の保険料が89,530円から96,000へと1万円もアップ。
ちょっとこれは納得がゆかないということで、いくつかの項目を変更し、最終的に67,910円円での契約に。

いくつかの項目を調整し昨年比マイナス3万円にまで抑えてみた

保険料そのものは上記リンクのように項目を一つづつ見直すことで保険料を下げることが可能。
今回行った変更は下記の三つとなっていますが、これによって年間3万円ほど保険料が下がっています。

1 車両保険(一般)→車両保険(限定)

一般だとほとんどのケースで保険がおりますが、限定だと自損の場合保険料が出ない、という差異があります(相手がいるときだけ保険料が出る)。
自損事故の場合は何かあったとしても「大きな事故」になるとは考えにくく(ちょっと擦ったとか)、その場合は免責の金額内で修理ができたり、免責の範囲を超えたとしても保険を使用するという判断にはならないと思われ、よってここは「限定」に。

2 他車運転特約あり→他車運転特約なし

他の車を運転する場合(代車など)、他の車にも保険がついているので、あえて入る理由はなさそう(他の車の保険でカバーできる場合、そもそも自分の加入している会社から保険はおりない)。

3 身の回り特約あり→身の回り特約なし

これは事故の際に車に載せていたものが壊れた場合に保険が出るものですが、領収書など金額がわかるものの提出義務があったり、と基本的に「なかなか支払い請求の敷居が高い」ものであり、現実的に支払われないであろうことから「なし」へ変更。

その結果、今回更新した保険の内容は下記の通り。

ノンフリート等級 20等級
運転者年齢条件 35歳以上補償
本人限定特約
対人賠償保険 無制限
対物賠償保険 無制限
搭乗者傷害保険 2,000万円
人身傷害保険 1億円(一般タイプ)
無保険車傷害特約 2億円
車両保険 (限定タイプ) 405万円
免責金額 1回目 15万円 / 2回目以降 15万円
ファミリーバイク特約 賠償人身傷害タイプ
対物超過修理費用特約
弁護士費用補償特約
年払保険料 67,910円

任意保険の料金は「料率」によってかなりの差異があり、最近乗った車だとこんな感じ。
アウディTT(8S)の車両は「8」で、これはポルシェ911を超え、ランボルギーニ・ガヤルドやウラカンと同じ料率クラスとなっています。

ポルシェ・ボクスター(981) 車両6、対人6、対物5、傷害4
ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4 車両8、対人6、対物5、傷害4
レンジローバー・イヴォーク 車両7、対人4、対物4、傷害4
アウディTT(8J) 車両5、対人4、対物4、傷害4
ポルシェ911カレラ(997)車両7、対人6、対物5、傷害4
BMW i3 車両8、対人4、対物5、傷害4
ランボルギーニ・ウラカン 車両8、対人6、対物5、傷害4
アウディTT(8S) 車両8、対人4、対物3、障害4

-●アウディTT(8S)
-, , ,