ad-728





>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >フェラーリ(Ferrari) >ベントレー(Bentley) >ロールスロイス(Rolls-Royce) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■映画や音楽、本について

ランボルギーニに乗る人は悪人?ブルガリア政府が全スーパーカーオーナーを資金洗浄&脱営の疑いで調査

2018/02/10


| スーパーカーに乗る人は悪い人? |

ブルガリア政府がランボルギーニはじめマイバッハ、ベントレー、ロールスロイス、フェラーリのオーナーをマネーロンダリングおよび税金逃れの嫌疑で調査する、と発表。
対象はブルガリア国内において登録される435台全てで、それらの車を購入したお金が「どこから来たのか」を探ることが今回の目的だ、としています。

高額消費者は調査対象に

加えて30万ドル以上のマンションに住む人245人も調査の対象になっているとされ、これら高額車とマンションのオーナーはその購入資金が「合法」であることを証明する義務が生じる模様。

なおブルガリアの平均月収は500ユーロ(6万9000円)くらいだそうで、たしかにそういった状況の中で数千万円の車に乗っているというのは疑いをかけられやすい状況なのかもしれません。

村上龍氏の小説「半島を出でよ(2005)」では北朝鮮軍が福岡を占領し、その社会主義的行動に則って高額消費を行なっている人を捕らえて資産を没収するという恐ろしい状況が描かれていましたが、これが現実になるような感じですね。※ぼく的には必読書。ちょっとだけランボルギーニやポルシェに関する記載も出てくる
そしてやはり世間一般にはスーパーカーには悪いことでもしないと乗れない、といった誤った理解もあるのかもしれません。

あわせて読みたい関連投稿

->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >フェラーリ(Ferrari), >ベントレー(Bentley), >ロールスロイス(Rolls-Royce), ■その他自動車関連ニュース・ネタなど, ■映画や音楽、本について
-, , , , , , ,