>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >スバル(SUBARU)

スバルがPHEV発売との報道。「プリウスPHEVの技術を流用するが、エンジンは水平対向」

投稿日:

| スバルがついに北米でPHEV発売 |

スバルが北米市場にて、今年後半にPHEV投入との報道。
これはスバルの技術部門責任者がAutomotive Newsに語ったもので、「トヨタ・プリウスPHVの技術を可能な限り流用する」とのこと。
ただしエンジンについてはプリウスのようにアトキンソンサイクルを横置きにするのではなく、スバル独自の水平対向エンジンを縦置きにする(つまりシンメトリカル構造を守る)としています。

強化された規制対策?

なおスバルが「アメリカでPHEV発売」というのには理由があり、スバルが得意とするアメリカ、中でもカリフォルニアでは2018年より規制が変わって、「年間2万台以上販売するメーカーは、販売台数の一定割合をPHEVやEVにしなくてはならない」という制限が課されるため。
この制限をクリアできなくとも「罰金」を払ったりすることでやり過ごせはするのですが、「いつまでも罰金を払い続けることはできない」ということなのでしょうね。

今のところバッテリーパックやトランスミッションについての言及はなく、プラットフォームについてもそれは同じ。
おそらくはスバルのプラットフォームにスバルのエンジン、プリウスのバッテリーとトランスミッション(CVT)を載せることになりそうです(まさかプリウスの車体にスバルの水平対向4気筒エンジンを載せるわけではないと思う)。

同様に「どのモデルが」プラグインハイブリッドとして投入されるのか、新型車になるのかは不明ではあるものの、以前にスバルは「PHEVを投入するにしても既存車種への”追加”つまりバリエーションとして投入」すると語っており、「新型車としての」発売は無さそうですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), >スバル(SUBARU)
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.