>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

CG職人がいい仕事をした。新型スープラがオープンになるとこうなる、というレンダリング

トヨタは間違いなく新型スープラにオープンモデルを設定したいと考えているはずだが 新型車が発表されると必ず出てくる、「もしも」系レンダリング。今回もおなじみのX-TOMI DESIGNが「スープラ・コンバーチブル(カブリオレ)」のCG発表一番乗りとなっていますが、なかなかに完成度の高い作品となっており、オフィシャルフォトといっても通用しそう。そしてこの後も続々と同様のレンダリングが登場し、中には「タルガ(エアロトップ)」「ワゴン」「トラック」「オフローダー」といったレンダリングが登場するのは想像に難くないと ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

【動画】”世界最速の女性”が教える、メルセデス・ベンツGクラスで「水の中を渡るにはこうする」3つのポイント

この3つを理解しておけば無事に水中を走行可能 様々なメディアに登場し、極限下でのドライブテクニックを披露することで知られる、”4輪を走らせると世界最速の女性”ジェシー・コムズさんがメルセデス・ベンツGクラスにて「簡単に水の中を走る3つの方法」を公開。使用するのは新型メルセデス・ベンツGクラスで、実際にこれでザブザブと水中を走ってみようということですね。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】キー上で車両の情報確認や機能の操作を行える、日産GT-R向けの全面ディスプレイ採用「スマートキー・コンセプト」登場ありそ ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >韓国の自動車メーカー ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

BMWとノースフェイスとのコラボ、キャンパーコンセプトが公開。世界で最も進んだ”布”を使った、「テントとクルマの融合」

ただし誰がどういったシーンで使用するのかは謎 BMWがアウトドアブランド、ノースフェース(ザ・ノース・フェイス/THE NORTH FACE)とコラボした「キャンパーコンセプト」を発表。これはラスベガスで開催中の家電見本市「CES」で発表されたもので、なぜ家電のショーで発表されたかというと「素材に”物質”と”デジタル”」とを融合したから(説明を見てもよくわからない)。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】キー上で車両の情報確認や機能の操作を行える、日産GT-R向けの全面ディスプレイ採用「スマートキー・コンセ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

とても純正とは思えない!チューンドカー並の派手なエアロを持つレクサスRC F”パフォーマンスパッケージ”発表

トヨタはときどきこういった派手なクルマを出す会社でもあった すっかり話題はスープラ一色となってしまったデトロイト・モーターショーですが、その影でトヨタは新型レクサスRC Fを公開。もちろんこれはフェイスリフト後の新型RCをベースにしたハイパフォーマンス版ですが、標準モデルのRC Fに加え、カーボン製パーツやセラミックブレーキ、チタンマフラー等を装備する「パフォーマンス・パッケージ(Performance Package)」もあわせて発表しています。 左がRC F パフォーマンスパッケージ、右が通常のRC ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

あの人気ユーチューバーも早速注文!新型トヨタGRスープラのレビュー続々登場。リアハッチ開口部はボディ剛性確保のためかなり狭いつくりに

やはり細かいところは動画でないと伝わりにくい さて、発表されたばかりの新型トヨタ・スープラですが、国内外から動画レビューが続々登場。このタイミングでの公開ということは、事前に各メディア向けには発表が行われ、1/14の「解禁」にあわせて一斉にアップが始まった、ということになりそうです。 こちらもオススメ、関連投稿新型トヨタ・スープラの試乗レポート初登場!「室内に流れるエンジンサウンドはフェイク」「ブレーキには改善余地がある」【動画】レクサスUXの試乗レビュー到着!「レクサスUXは売れる要素を備え、ライバルよ ...

ReadMore

>スバル(SUBARU) ■ニュース

スバルが北米限定「S209」発表。WRX STIベースでSTI史上最高の341馬力、オーバーフェンダーで殴り込み

北米市場専用なのが残念。日本での発売も期待 スバルが予告していたとおり、デトロイトモーターショーにて「SUBARU WRX STI S209」を発表。これまでの「S207」「S208」同様、スバル・テクニカ・インターナショナルがエンジンやシャシーをチューンしたもので、ドライブトレーン、そして内外装含めた特別仕様となっています(スバルの北米法人による”なんちゃって”ではなく、ちゃんとSTIが手を入れたクルマだと思われる)。 こちらもオススメ、関連投稿スバルが東京モーターショー詳細を公開。「S208/BRZ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニ・ウラカン関連

【動画】一般人が偶然ランボルギーニ・ウラカンEVOスパイダーに遭遇し、初めて走行状態を捉える。そのリヤの迫力は想像以上

今までのどんなスパイフォト/動画よりも鮮明 ランボルギーニはつい先日ウラカンのフェイスリフトモデル、「ウラカンEVO」を発表していますが、今回早くも「ウラカンEVOスパイダー」のプロトタイプが目撃に。過去にも一度スパイフォトが公開されているものの、「動画」としての走行状態が捕らえられたのは今回が初めてです。なお、動画を撮影したのはプロのスパイフォトグラファーではなく、偶然これを目撃した「一般の人」。 新型ランボルギーニ「ウラカンEVO」発表!640馬力、加速はフェラーリ488GTB以上、価格は2984万円 ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

欧州仕様の新型スープラも発表!ベースグレードでも鍛造ホイール、ハイパフォーマンスブレーキ装着。90台のみの「マットカラー」限定モデルも登場

欧州仕様のスープラは走りに一切の妥協はない デトロイト・モーターショーにて発表されたA90世代の新型スープラですが、北米仕様に続き「欧州スペック」が公開に。現時点で北米ではその限定台数に言及していないものの、欧州仕様のスープラは初年度につき「年間900台」に供給が制限される、と公式発表がなされています。加えて、初回限定モデルとして、90台限定の「スープラA90エディション(Supra A90 Edition )」の発売もアナウンスされており、こうなると日本市場向けの価格や詳細についても発表が待たれるところ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

新型トヨタGRスープラの北米仕様は6気筒のみ。初回限定モデル「ローンチエディション」はこんな装備を持っている

トヨタは各国向けに限定モデルを用意する? トヨタは新型GRスープラを発表したばかりですが、その0-100キロ加速は「4.3秒」とトヨタ車史上最速。なお、日本の自動車メーカーが0-100km/h加速を公開することは非常に稀で、それだけトヨタは今回の新型スープラに自信がある、ということなのでしょうね。現在のところ日本での発売時期は「春」とだけ発表され、その詳細や価格は不明ですが、北米では「3.0」「3.0プレミアム」「ローンチエディション(限定)」の3つとなり、日本で導入される「2リッター4気筒」は販売されな ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

マスターテストドライバーは豊田章男社長!新型トヨタ・スープラは「自信を持ってお届けできる」

新型トヨタ・スープラの加速性能はポルシェ718ケイマンSをも上回る トヨタがデトロイト・モーターショーにて、17年ぶりとなるA90新型スープラを発表。今回公開されたスープラはBMW外共同開発となり、「BMW Z4」とシャシーを共有することが一つの特徴ですが、トヨタいわく「直6」「FR」といういずれの世代のスープラにも通じる特徴を軸に、「ホイールベース」「トレッド」「重心高」の3つにこだわり、ピュアスポーツカーにふさわしいハンドリング性能を実現した、とのこと。 さらに新型スープラの開発主任、 多田哲哉氏は ...

ReadMore



>マツダ(MAZDA)

マツダが実質減益。CX-5の販売が伸びるも「値引き」が収益を圧迫→マツダ地獄に逆戻り?

更新日:

| マツダが販売好調なるも実質「マイナス成長」。その中身は? |

東洋経済にて、「マツダが米国で苦戦」との記事。
マツダは円安メリットで増益となったものの、現実としてはアメリカ国内で販売台数が減少しており(つまり為替が動かなければ減益となっていた)、その内容について切り込んだ内容となっています。
なお売上高は8.5%増加し2兆5479億円、営業利益は5.1%増加の1071億円、と数字だけ見るとやはり「好調」ではありますね。








アメリカ市場では大きく販売を落とす

マツダが製造する車のうち80%は「輸出」で、マツダの発表した数字によると、国内生産は971,455台で、輸出は793,173台。
たしかに輸出比率は81.6%とかなり高くなっており、前期比で対ドル5円、対ユーロ11円”円安”に動いたことで315億円の為替差益が発生することになりますが、この為替差益を「抜き」にすると逆に26%の減益になる、と記事では指摘。

その大きな原因としては上述のように「アメリカ国内販売の不調」にあるということになり、これもマツダの発表によると、2017年において北米での販売は-15.1%(280,048台)。
欧州(210,317台)は+3.1%、オセアニア(6,431台)は-2.0%、その他(220,914台なので小さい比率ではない)が-22.0%。
なお日本国内での販売は209,660台で+4.1%という数字となっています。

この数字が示すとおり北米が大きく販売を落としていることがわかり、この理由としては法人向けのまとめ納入(フリート販売)を絞ったため。
このフリート販売は一時的に台数が稼げるものの、値引き要求が厳しく(他社と競合する)利益を得るのが難しいとされ、また一定期間経過後に買い戻す必要があり(これは日本と異なる)、あとで買い取りのための出費を余儀なくされ、かつ中古相場が下落してブランドイメージを下げるという懸念も。

なお日産が販売台数を稼ぐために注力しているのがこのフリート販売で、そのため日産は「将来ツケが回ってくる」とも言われますね。

そこでマツダですが、これは昨年に発表されたとおり北米法人の社長を久しぶりに日本人へと置き換え、「スバルを手本に」販売を立て直すと報じられたとおり「健全な」販売方式へと転換中で、現在は「産みの苦しみ」の最中だとも言えそう。

マツダの販売減速、値引き増加は業界平均を大きく上回る

しかし現在北米で「苦しい」理由が2つあり、ひとつは「セダン(アクセラ)が売れない」こと、もうひとつは「CX-5が売れても儲からない」こと。
セダンが売れないのはほかメーカーも同じですが、マツダ・アクセラは業界平均の-10%を大きく超える20%以上の減少に。

セダンがオワコンなのは数年前から報じられるものの、なぜ日本の自動車メーカーは未だセダンを投入し続けるのか不思議なくらい(地元アメリカのメーカーはとっくに頭を切り替えている)。
マツダの場合はとくにセダンを増やしているわけではなく、しかし大きな打撃を食らっており、この数字を見る限りではトヨタやホンダは「売れないと言われるセダンでの新型を投入することで」まだ減少幅を小さくできていたこともわかります(トヨタはカムリ、ホンダはアコードという、もともと大量に売れるモデルがあるのでテコ入れの効果はあるが、マツダはそうではない)。

もうひとつ「CX-5を売っても儲からない」ということですが、これもアメリカの特殊事情で「インセンティブ」というものがあり、これはディーラーへの「報奨金」。
CX-5についてはこのインセンティブが増加に増加を続け、2806ドル(スバルの倍以上)に達したとしています。

インセンティブについて説明すると、要は「1台売れば、この金額をディーラーがもらえる」お金。
ざっとCX-5が400万円として、1台売ればディーラーは30万円もらえる、ということですね。
この報奨金が大きくなればなるほどディーラーは「そのクルマを売りたくなる」という仕組みですが、逆にこのインセンティブが大きな車は「人気のない車」と言いかえることも可能。

このインセンティブは消費者には無関係ですが、アメリカでは「複数ブランドを併売する」ディーラーが多く、たとえば「マツダのインセンティブが30万円」「スバルのインセンティブが15万円」だとしたら、ディーラーはお客さんに「マツダ車を勧める」わけですね。
しかしながら、スバルの人気は高いので(そしてインセンティブはユーザーに関係ない=還元されないので)お客としては「マツダじゃなくてスバルがいい」ということになり、しかしディーラーは儲かるマツダを売りたい。
そうなると「30万円のインセンティブのうち」10万円をお客に対する値引きに回して提示し、20万円をマツダからもらうようにすれば、「スバルを売るよりも5万円インセンティブがまだ大きい」ということに。※実際は車両価格や、インセンティブ抜きの利益によっても変わる

しかし「10万円差だったらスバルの方がいい」とお客が言ったとき、そしてその声が大きくなったときが問題で、その場合に「マツダはディーラーに支払うインセンティブを大きくしてでも」クルマを売るという手段に出るわけですね。
実際のところインセンティブの業界伸び率は5.7%といいますが、CX-5のインセンティブ伸び率は24.8%だと言うので、いかに販売が伸びたといえども「競争力がズルズル落ちてきている」ということに(よってCX-5一台あたりの利益が減ってきている。経常ベースの損益分岐点を割っている可能性も)。

このインセンティブはそのメーカーが「これだけの台数を売るためにこれだけ出してもいい」という額で、まざ在庫によっても大きく変わるものではありますが、マツダは一般にこれが大きく、スバルはこれがかなり小さい、と言われています。※日本でも販売対策費として値引きの原資、下取りアップ、特定メーカーの殻の乗り換え時の補助といった形でメーカー→ディーラー→消費者に還元される

とにかく、こういった状況を鑑みるにマツダの伸びは「必ずしもクルマが良くて売れているわけではない」「利益増加は為替差益」「売却時に安くなる→ブランド価値が下がる」ということが当てはまり、負のスパイラルに陥る可能性が高い、と考えられそう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->マツダ(MAZDA)
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.