ad-728





>中東の自動車メーカー

限定7台に対して100件の申し込みがあったとされるも未だ新車で販売中。ライカン・ハイパースポーツは実際売れてない?

2018/02/18

| なぜ新車?ライカン・ハイパースポーツが販売中 |

あのライカン・ハイパースポーツが3億8000万円のプライスタグをつけて販売中(ジェームズ・エディションに掲載中)。
正規ディーラーでの販売ではないものの「新車」とされており、ボディカラーはシルバー。
画像の奥には「フェニア・スーパースポーツ」も見えますね。

実際はほとんど売れていない?

ライカン・ハイパースポーツはレバノンで創業され現在はドバイを拠点に活動中。
最近もディーラーを新規オープンさせたばかりで、その様子も動画にて公開されていますね。
その第一号車となるのが「ライカン・ハイパースポーツ」で、これは「ワイルドスピード・スカイミッション」に登場したことで一気に有名に。

lylan3

ボディサイズは全長4480ミリ、全幅1944ミリ、全高1170ミリとけっこうコンパクト(ランボルギーニ・ウラカンと同じくらい。正確にはちょっと短い)。
エンジンはポルシェのフラットシックスをルーフ(RUF)がチューンしたもので、最近公開された動画を見るにシフトレバーやドアインナーハンドルもポルシェと同じものが使用されていることが確認でき、ミドシップという構造を見ても「RUF CTR3」の中身を991にアップデートしたモデルと考えてもいいのではと考えています。※RUF CTR3は997世代の991をRUFが車体後半を作り変え、ミドシップ化した車

lykan2

ちなみに限定台数は「7台」のみで、正規ディーラー経由の新車価格は3億5000万円ほど。
この7台に対して100件以上の購入申し込みが殺到したとも言われますが、これ以外にも複数台が新車として売りに出されていたり、中国はじめ国外のモーターショーに展示されていたりという事実を鑑みるに、「実際は全然売れてないんじゃないか」と考えることも。

その構造なども明らかになっておらず、謎の多い車、かつ謎の多いメーカーではありますが、この価格であればブガッティ・シロンやケーニグセグ・アゲーラも購入できるため「相当に思い切った」値付けだと言えるかもしれません。

あわせて読みたいライカン・ハイパースポーツ関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->中東の自動車メーカー
-, , ,