ad-728





>テスラ(TESLA)

テスラ「モデル3の生産が遅れているのは生産設備が届いていないから」。発言が二転三転→株価も不安定に

2018/03/02

| テスラ・モデル3は全然計画に追いついていない |

テスラは40万件もの予約を集めた新型車「モデル3」については、予定しているペースの1/73しか生産できていないと報道され、どんどん膨れ上がる借金に対して会社存続の危機すら指摘されているほどですが、テスラが公開したところによると、これは自動生産設備の納入の遅れによるもので、これがまだ製造元のドイツにあるまま(よってアメリカのテスラ工場では車体の生産ができない)だ、とのこと。

問題がいつの間にかすり替えられている?

なお、なぜドイツにあるままなのかについて「輸送上の問題だ」とテスラCEO、イーロン・マスク氏は語っており、どうやら大きすぎて輸送できず、これをドイツで分解してアメリカまで運び、またテスラの工場で組み立てるしかない模様。
今のところこれが最大の問題となっており、どうやってこれを行うかということを考えているようですね。

この製造設備がテスラの工場で稼働するようになれば「週に5000台」の生産が可能になるとされますが、当初の予定では2017年に11万台、2018年に30万台を製造するとしていた計画からは大きく乖離が生じており、現在の生産台数はわずか1550台のみ。

先日はアップルの共同創業者、スティーブ・ウォズニアック氏が「イーロン・マスクの言うことは何一つ信じていない」と発言しているものの、モデル3に関しては全てが「後手に回り」、それに関する発言も言い訳のように聞こえることが多く、かつ一貫性がないために「信用できない」というのはそろそろ皆が感じ始めていることなのかもしれません。

たしかにここ最近のテスラの株価はパっとせず、これまではイーロン・マスク氏のカリスマ性に引っ張られて成長してきたテスラも「イーロン・マスク氏の信用」が崩れた時、一気にその輝きを失ってしまうのかもしれませんね。

tesla

あわせて読みたいテスラ関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->テスラ(TESLA)
-, , , , ,