ad-728





>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

より豪華にマイバッハらしく。メルセデス・マイバッハSクラスがフェイスリフト

2018/02/14

| メルセデス・マイバッハがフェイスリフト |

メルセデス・マイバッハが新しくなって登場。
現在のマイバッハは先代とは異なって独立した一つのブランドではなく、「メルセデス・マイバッハ」となり、つまりAMGと同じように「メルセデス」の一つのバリエーション。
よって今はマイバッハといえどメルセデス・ベンツをベースとした車両となっています。

2トーンカラーは9種類から選択可能

最近だと「メルセデス・マイバッハG650ランドーレット」「メルセデス・マイバッハS650カブリオレ」が限定発売されている他、定番として「メルセデス・マイバッハSクラス」が存在。
今回フェイスリフトを受けたのはこのメルセデス・マイバッハSクラスですが、フロントバンパー下部などにクローム調の加飾が増加してより豪華に。

全長は5.46メートルとなりメルセデス・ベンツSクラスロングよりも20センチ長く、ホイールベースは3.36メートルという車で、しかし先日見てきたロールスロイス・ファントムはこれよりも大きな5.76メートル(ロングホイールベース版、EWBは5.98メートル)。

Mercedes-Maybach S-Klasse (2018)

なお、以前にメルセデス・マイバッハに試乗した際のレポートは下記にありますが、フロントグリルが縦ルーバー基調になったり、ボディカラーがツートン(9種類のコンビネーションがある)になったり、とこれまでのマイバッハSクラスに比べてかなり「マイバッハ色」が濃くなったように思います(メルセデス・ベンツSクラスと差別化された)。

Mercedes-Maybach S-Klasse (2018)

マイバッハSクラスのエンジンは2種類あり、S560 4Maticでは4リッターV8ターボ/463馬力(0-100キロ加速は4.8秒)、S650は6リッターV12ターボ/621馬力となり、こちらは0-100キロ加速4.6秒。

Mercedes-Maybach S-Klasse (2018)

インテリアはアルマニャック・ブラウン&ベージュ、もしくはサバンナベージュ&ブラックが標準ですが、「カッパー/ゴールド/プラチナ」カラーのステッチを持つブラックも選択できる他、もちろんワンオフにて「いかようにも」カスタムできるものと思われます。

価格については現在発表はありませんが、日本では現在「メルセデス・マイバッハS560」のみの展開で、こちらは(フェイスリフト前)2278万円という設定。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)
-, , ,