ad-728





>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

VWがEVシリーズに言及。「デザインはアップル製品のように」「ジュネーブでサプライズある」

2018/02/23

| VWのEVは今後スマートフォン風のデザインに? |

フォルクスワーゲンのチーフデザイナー、Klaus Bischoff氏によると「将来の我々のEVデザインは、究極にシンプルになる」とのこと。
現在、将来に向けたデザインを再定義しているさなかだそうですが、これは「アップル製品」をイメージしている模様。
アップル製品はその「デザイン」が最大の武器であり、デザインのおかげでサムスンやソニーに対して圧倒的なリードを持っています。
iphoneやipod登場初期はまだしも、その後アップル製品は性能的な優勢は失われてしまい、しかしそれまでの(デザインによって築いた)イメージがあまりに強力であるため、「信者」まで生み出すことに。

VWのデザイナー「今までになくチャレンジングな試み」

フォルクスワーゲンの意図としては、今後各メーカーがEVを投入してくる中で競争が厳しくなり、その中で優位性を発揮するには「動力性能」よりもデザインだ、ということなのかもしれません(EVを購入する人は、クルマをデザインで選ぶ)。
加えて2020年までにはEV事業を黒字化したいとも発言しており、ジュネーブ・モーターーショーにおいてはI.D.ハッチバック、I.D.Crozz、I.D.Buzzについてより市販モデルに近づいたモデルを計画についても示しています。

なお、今後自動車においては「デザイン」が非常に重要な要素になることは間違いなく、ミニは「今の子供達が大人になったときに買おうと思えるクルマ」を考えているといい、フォルクスワーゲン同様に「スマートフォン」にデザインモチーフを求めている、とも報道されていますね。

「スマートフォン」という観点においてはVW「up!」のリアハッチはスマートフォンをイメージした、と当時のデザイナーであったワルター・デ・シルヴァが述べていますが、思った以上にクルマとの関連性が強くなっているようにも思います。

あわせて読みたい関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)
-, , , , ,