>ポルシェ・カイエン関連 >ポルシェ・パナメーラ関連 >その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェが15%を占めるディーゼル車を廃止との報道。2020年全廃の予定を前倒しでHVに置き換え

投稿日:2018/03/04 更新日:

| ついにポルシェがディーゼルの呪縛から逃れる |

ポルシェがディーゼルエンジンをラインナップから落とす、との報道。
これは英国Autocarが報じたもので、現在ポルシェは新型カイエンにおいてディーゼルモデルを発表したばかり。
にも関わらずこの決断となったわけですが、「よりエコフレンドリーなハイブリッドへ」の意向がその理由と報じられています(もちろんディーゼル不正事件も関係しているのは間違いない)。

ポルシェとディーゼルはそもそも相性が良くない

加えて新型パナメーラにおいては、欧州にて「60%以上」の販売がハイブリッドモデルとなっているとも報じられ、ポルシェとしては「予想以上にハイブリッドへの移行が早く進みそうだ」と判断したのでしょうね。
もともとポルシェは「2020年にディーゼル全廃」の予定であったものの、これを前倒しで行うということになりそうです。

なお、欧州ではディーゼルエンジンについて「維持費が安価」なことで人気が高く、普及率もかなりのもの。
ただし「経済的」な理由で選ばれるためコンパクトカーやエントリーグレードに多く、ポルシェのようなプレミアムカーメーカとはあまり相性が良くないのも事実。
逆に「ハイブリッド」「EV」は維持費が安価でも車両価格が高くなるので、普及価格帯の車を多く持つメーカーとは相性の悪い技術でもあります(マツダやスバルがハイブリッド/EV化に積極的ではない理由の大半はここ)。
よってポルシェにとって「脱ディーゼル」「EV/PHEV注力」は非常にロジカルな選択なのかもしれません。

加えて、欧州にて新たに導入されるNew European Driving Cycle=NEDCはディーゼルにとってかなり厳しい内容だとされており、これに既存車両を対応させるには相当にコストがかかる、という話も。
現在ポルシェにとってディーゼルの販売比率は15%(けっこうある)とのことですが、ポルシェCEO、オリバー・ブルーメ氏いわく「ディーゼルはさほど重要ではない」。
上述のようにプレミアムカーメーカーとして、そして今後の社会的責任、イメージを考えた場合、「ディーゼルを切り捨てる」のもやむなく、ディーゼル車延命のためにコストを投じて法規に対応させるのも「本末転倒」だと言えそうです。

なお、このNEDCにおいては、エミッションだけではなく様々な規制が強化されており、BMWはこれの導入で「M3が新基準に対応できなくなる(それだけのコストをかけて対応させる意義が薄い)」とされ、M3は今年5月で販売終了、ともされていますね。

あわせて読みたい、ポルシェ関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->ポルシェ・カイエン関連, >ポルシェ・パナメーラ関連, >その他ポルシェ関連/ニュース
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.