ad-728





>アウディ(Audi) >シボレー(CHEVROLET) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >フォード(FORD) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >スバル(SUBARU)

米コンシューマーレポートが「2018年ベストバイ」発表。10車中5車が日本車、しかもトヨタは4車

2018/02/24

| トヨタの強さは異常 |

米国コンシューマーレポート(Consumer Report)が2018年における自動車各カテゴリの「ベスト」を選出。
コンパクトカー、コンパクト・グリーンカー、ラグジュアリー・コンパクトカー、ミッドサイズカー、ラージサイズ、ミニバン、コンパクトSUV、ラグジュアリー・コンパクトSUV、ミッドサイズSUV、フルサイズ・ピックアップトラックといったカテゴリにてそれぞれの「ベスト」を決定しています。

これを見ると、10項目のうち、5つの項目で日本車がトップ(うち4つはトヨタ)。
トヨタは様々な調査において、また販売統計においても常に上位にあり、かつそのポジションは年々上昇中。
こういった事実を見るに、トヨタは「世界で最も優れた自動車メーカーのひとつ」だと言えそうです。

2018年、米国における「ベストバイ」はコイツらだ

ざっとその内容を見ると下記の通り。
何度か述べているとおり、アメリカでは「乗り心地」「静かさ」にかなり重きを置いているのが特徴。
そのためトランスミッションも「デュアルクラッチ」が好まれずに「トルコン式AT」が好まれ、しかし欧州では「逆」の減少が見られるなど、ある種の「偏り」があるのも事実。

今回ヒュンダイの姿は見えませんが、ヒュンダイはアメリカ市場にあわせて「静かで乗り心地がいい」というところにフォーカスしており、そこがアメリカ市場にてヒュンダイが存在感を発揮している理由の一つではないかと考えています。

コンパクトカー

トヨタ・カローラ

コンパクトにもかかわらず室内が広く、そして信頼性が高く、乗り心地もクラスを超えている。
燃費もよく車体の安全性が高い上に、ドライバーズアシストも充実している。

collola

コンパクト・グリーンカー

シボレー・ボルト

EVだからといって何も我慢しないくていい車。
加速やハンドリングに優れ、シートポジションも高く視界も良い。
もちろんEVらしく静かで快適だ。

bolt

ラグジュアリー・コンパクトカー

アウディA4

スポーティーかつ高級で、ドライブが楽しい車。
車体が安定しておりレスポンスもいい。
エンジンは強力で、しかし燃費が良い。
インテリアも高級感があり操作性に優れ、自動ブレーキなど安全装備も充実している。

audia4

ミッドサイズカー

トヨタ・カムリ

もともと評価の高い車だったが、新型はスタイリングやハンドリングに磨きがかかった。
ハイブリッドモデルだと燃費はプリウスに迫るレベルで、乗り心地はよく、静粛性も高い。
自動ブレーキや衝突警報、レーンデパーチャーワーニングなど安全装備が標準化されており、実用性に富んでいる。

camry

ラージサイズ

シボレー・インパラ

キャビンが広々としており、何より静かだ。
内装に使用される素材の品質も高く、操作系も使いやすい。
V6エンジンはスムーズで、ハンドリングもしっかりしており、急に何かを回避しなくてはならない場面でも安定している。

impara

ミニバン

トヨタ・シエナ

快適でエンジンもパワフル、かつ燃費もいい。
4WDの設定がある数少ないミニバンの一つでもある。
シートのアレンジ性も高く、人とモノを載せるにはいい選択だ。

sienna

コンパクトSUV

スバル・フォレスター

実用的で、スマートで、燃費がよく室内が広い。
視界や信頼性も高く、4WD採用のために環境を選ばない。
アイサイトによる安全性も申し分なく、旅の友としては最適である。

forester

ラグジュアリー・コンパクトSUV

BMW X3

ドライビング・プレジャー、快適性、実用性が一台にまとめられた車だ。
アクセルを踏めばどんな状況でも即座に加速するフレキシビリティもある。
ハンドリングに優れ運転が楽しく、サスペンションは安定していて頼もしい。
車内の快適性やインフォテイメントシステムも使い勝手もいい。

x3

ミッドサイズSUV

トヨタ・ハイランダー

三列SUVの中では広い室内とコンディションを選ばない走破性を持ち、燃費と信頼性に優れる。
室内が広い割に車体はコンパクトで取り回しが楽だ。
安全性にも優れ、賢明な選択肢だと言っていい。

highlander

フルサイズ・ピックアップトラック

フォードF-150

アメリカのベストセラー車ではあるが、さらに磨きをかけてきた。
重量を減らし、燃費を向上させ、室内を拡大させ、荷室も大きくなった上に牽引もしやすくなった。
乗り心地はいいとは言えないが、トラックとして見たときには比類ない。

f-150

あわせて読みたい関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->アウディ(Audi), >シボレー(CHEVROLET), >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等, >フォード(FORD), >BMW(ビー・エム・ダブリュー), >スバル(SUBARU)
-, , , ,