>フェラーリ(Ferrari)

CG職人またもや活躍。フェラーリ488ピスタ「アペルタ」のレンダリングが早速登場

投稿日:2018/02/25 更新日:

| さっそく488ピスタ・アペルタがレンダリングにて |

フェラーリは488GTBのハードコアバージョン「488ピスタ(PISTA)」を発表したところですが、CG職人がさっそく「オープン版」レンダリングを製作。
488ピスタは”フェラーリV8スペシャルシリーズ”の最新モデルで、458スペチアーレの直接の後継モデルとも言える車。※今回のレンダリングではボディカラーを458スペチアーレAのイメージカラーに合わせているのがナイス

登場はまず間違いない?

なお458スペチアーレには「458スペチアーレA(アペルタ)」なるモデルも存在。
これは499台のみ限定で販売されていますが、当然ながら買おうと思って買えるモデルではなく、フェラーリが選ばれた顧客のみに販売を行ったために「発表されたときにはすでに完売」していた限定モデルでもありますね。
458スペチアーレAのエンジンは4.5リッターV8、出力は605馬力。
0-100キロ加速は3秒、フィオラノ・サーキットではエンツォフェラーリより2秒も早い1:23で走行するハイパフォーマンスモデル。

これらの数値はクローズドモデルの458スペチアーレと同等で、よってもし「488ピスタ・アペルタ」が登場するとなると、それは488ピスタと同じスペックとパフォーマンスを持つということになり、3.9リッターV8ツインターボ/720馬力、0-100キロ加速2.85秒というスペックになると予想されます。

なお”フェラーリV8スペシャルシリーズ”は360チャレンジストラダーレ、430スクーデリア、458スペチアーレ、そして今回の488ピスタにて構成されますが、360チャレンジストラダーレにはそのオープンモデルはないものの、430スクーデリアにはオープンモデルとして「スクーデリア・スパイダー16M(スクーデリア・フェラーリによるコンストラクターズ・タイトル16回獲得記念として499台限定で発売)」、458スペチアーレには上述の458スペチアーレAが存在。
よって今回の488ピスタについてもそのオープンモデルが登場する可能性が大きそう。

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->フェラーリ(Ferrari)
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.