>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

アルピナがBMW X3ベースの「XD3」発表。ディーゼルながらも0-100キロ加速はポルシェ・マカン・ターボ並み

投稿日:

| アルピナはディーゼルモデルにて性能と環境とのバランスを実現 |

アルピナがニューモデル「XD3」を発表。
これはBMW X3のアルピナ版、そしてハイパフォーマンスディーゼルモデルということになりますが、本家BMWでは環境性能向上手段として「ガソリンエンジン+ハイブリッド」を採用しており、同じX3ながらも方向性の違いが明確になった例だと言えそう。

その加速はポルシェ・マカン・ターボなみ

アルピナはBMWから車体やパーツの供給を受け、それに独自のチューニングを施して、もしくは独自のパーツを使用して(とくにトランスミッション)組み立てを行うひとつの「自動車メーカー」。

今回もBMW製の3リッターディーゼルエンジンのタービン変更やインジェクターの高圧化によって333馬力、そして700Nmものトルクを達成。
このトルクはフェラーリ488GTBの760Nmにも迫るもので、このトルクをもって0-100キロ加速4.9秒という俊足を獲得しています(ポルシェ・マカン・ターボは4.8秒なので、これはかなり速い数字)。

BMW_ALPINA_XD3_04_940x296

欧州では新しい規制が導入され、2018年には多くのクルマが販売できなくなるとされ、BMWだとM3もその一つ。
ポルシェもディーゼルモデルがこれに対応できず「ディーゼル全廃」とのコメントを出していますが、今回のアルピナXD3はその規制(WLTP、NEDC)もクリア。

BMW_ALPINA_XD3_01_940x296

トランスミッションは8AT、駆動方式はxDriveとBMW X3のコンポーネントがそのまま使用されていますが、ドライビングダイナミクス、トラクション向上のためにxDriveのロジックは変更されている模様。
サスペンションももちろん専用にチューンされ、アルピナならではの上質な乗り心地を実現しているものと思われます。

アルピナは一般に馴染みが薄く、見かけることすら稀なクルマではありますが、一度は手に入れみたい、と考えています。

あわせて読みたいアルピナ関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.