ad-300x100-sp





>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等

ホンダがシビック・タイプRにて、欧州主要サーキットでの最速記録を作ると宣言。ドライバーはジェンソン・バトン

2018/03/02

| ホンダがニュルのみではなく欧州主要サーキットで記録を樹立すると宣言 |

先代ホンダ・シビック・タイプRはニュルブルクリンクにおいて「FF最速」記録を持っていたものの、その後はVWゴルフGTIクラブスポーツS、ルノー・メガーヌRSにその座を奪われることに。
ただしホンダはその後欧州の主要サーキット、たとえばシルバーストーン・サーキット(2:31.85)、次いでスパ・フランコルシャン(2:56.91)、モンツァ(2:15.16)、エストリル(2:40.08)、ハンガロリンク(2:10.85)と続々とFF車の持つタイムを更新。

タイプRは何者にも負けてはならない

タイプRは「サーキットが本籍地」だけあって、そこで他に負けるのは我慢がならないということなのか、とにかくシビック・タイプRについてはルノー・メガーヌRSやフォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツSと「抜きつ抜かれつ」のバトル状態で、しかし今回シビック・タイプRが新型に切り替わるにあたり、ホンダは再び「ニュル最速FF」へとシビック・タイプRを返り咲かせることに成功。

ただホンダはこれに飽き足らず、再び新型シビック・タイプRをもって欧州の主要サーキットにおいて(FFモデルの)コースレコードの更新を行う計画「Type R Time Attack 2018」を発表。
これはシルバーストーン(イギリス)、スパ・フランコルシャン(ベルギー)、エストリル(ポトガル)等で先代シビック・タイプRが打ち立てた記録を自ら書き換えることを目的としており、挑戦するドライバーはジェンソン・バトン、ティアゴ・モンテイロ、エステバン・グエリエリ、ベルトラン・バゲット(まだ増える可能性も)。

ただ、同じく新型にスイッチしたルノー・メガーヌRSはまだニュルブルクリンクへのアタックを行っておらず、ルノーがホンダのチャレンジを阻止しようとする可能性が出て来るのかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA), ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等
-, , , ,