ad-728





>フェラーリ(Ferrari) >その他イタリア車

ついに始動の「ニュー・ストラトス」。ピニンファリーナによる”サファリ”版デザインも公開

2018/03/11

| 受注好調?”サファリ”版も発売か |

何かと話題の「ニュー・ストラトス」。
これはトリノ拠点のカロッツェリア、「マニファットゥーラ・アウトモビリ・トリノ(MAT)」が25台限定で製造するものですが、ベース車両としてフェラーリ430スクーデリアを用意する必要があり、その上で6600万円ほどを支払って「ランチア・ストラトス風の外観に」変更するという、かなり敷居の高いプロジェクトです。

フェラーリ430スクーデリア自体が非常に貴重な車であり、それを不可逆的に改造してしまうという(オーナーにとっての)心理的障壁も相当に高そう。

パフォーマンスはフェラーリ430スクーデリア以上

今回正式に公開されたスペックだと、エンジンは4.3リッターV8で540馬力、0-100キロ加速は3.3秒、最高時速は330キロ。
ベースモデルとなる430スクーデリアの出力は510馬力なので、30馬力ぶんの出力が向上しているということになりますね。

なお、430スクーデリアがベースといえども、ホイールベースが20センチ短縮され「240センチ」になるなどボディワーク以外にも構造的な変更もあり、どの程度までもとの430スクーデリアが「残されるのか」は不明。
ただ、マニファットゥーラ・アウトモビリ・トリノ曰く、ニュー・ストラトスは「日常的に使用できるスーパーカー」になるとのことで、トランスミッション、サスペンションなどは何らかの変更を受けるのかもしれませんね(430スクーデリアのままでは日常的に使えるとは言い難い)。

2018-new-stratos-concept-mat-18

ちなみに今回は「標準仕様の」ニュー・ストラトスのほか、「サファリ」仕様のレンダリングを公開。
これらのデザインも「ニュー・ストラトス」同様にピニンファリーナが担当している、とのこと。※オリジナルの「ランチア・ストラトス」のデザインはベルトーネ

もともとこの「ニュー・ストラトス」は2010年に、同じくピニンファリーナ・デザイン×フェラーリ430スクーデリアベースにて市販を行おうとしたものですが、そこへ「待った」をかけたのがフェラーリ。
ピニンファリーナとしては(当時)フェラーリに逆らうことはできず、よってそのままプロジェクトが「凍結」されたのだと思われ、しかし現在ピニンファリーナとフェラーリとは(おそらく)縁遠くなっており、ピニンファリーナとしても「フェラーリの顔色を伺う必要がない」と判断し、今回「ニュー・ストラトス計画」が解凍されたのでは、と考えています。

2018-new-stratos-concept-mat-20

あわせて読みたい、ニュー・ストラトス関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->フェラーリ(Ferrari), >その他イタリア車
-, , ,