>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツのヒゲ会長「次期SLはかつての威光を取り戻す、シビれる車。約束する」

投稿日:2018/03/18 更新日:

| 次期メルセデス・ベンツは次世代AMG GTと共同開発 |

ヒゲのメルセデス・ベンツ(ダイムラー)会長、ディーター・ツェッツェ氏がジュネーブ・モーターショー開催中にメディアに語ったところによると「新型SLはすでに開発中」とのこと。
現在メルセデス・ベンツSLはあまり販売が芳しくなく、しかし同会長としては「かつてメルセデス・ベンツSLは素晴らしいパフォーマンスを誇った車だった。新しいSLのゴールもそこにある」としており、新型SLは「実に素晴らしく、シビれる車になる」と語っています。

かつては「高級スポーツカー市場においてはオープンモデルがないと成功しない」とまで言われ、かつてのBMW8シリーズが成功しなかったのは「オープンがなかったから」と言われるほどでしたが、時代は一変してあまりオープンが重要視されない、というのが現在の状況。
メインマーケットとなった中国が「オープンを好まない」というためか、クーペに比べるとオープンの人気はいまひとつで、SLはモロにそのあおりを食らったのかもしれません(加えて設計が古く、既存マーケットでも魅力を発揮できない)。
もしくは、サルーンにおいてもスポーツカー同様の性能を持ちうるようになり、「高級クーペ」そのものの存在自体が不要になってしまったのかもしれませんね(SLの場合、ベントレー・コンチネンタルGTに多くがそちらに流れた可能性も)。

↓こちらがそのダイムラー会長。なかなかのシャレ者

ちょっと前には「新型SLはAMG GTに統合されて消滅」と言われたものの、今回は会長直々に「新型SLがある」と認めたことになり、これはこれで喜ばしい事態だとは思います。

なお新型SLは次期AMG GTと共同開発されていると言われ、これは「4ドアAMG GTクーペ」と「CLS」との関係によく似ているのかもしれません。
今の所新型SLについてなんの情報もなく、しかし基本は後輪駆動、4WDのオプションあり、4ドアAMG GTクーペ同様に800馬力に達するハイブリッドモデルが登場する、とも。

実際にSLを運転し、そしてAMG GTを運転してみると両者の違いは大きく、そしてSLに似たような車は他メーカーでも作り得るものの、AMG GTは他メーカーでは作れない車で、現在SLの地位が揺らいでしまったのは「そこ」に起因する可能性もありそう。
よって、次期SLでは「他で持ち得ない」パフォーマンスや高級さ、快適性を押し出すことができれば、ふたたび過去の栄光を取り戻せるかもしれませんね。

あわせて読みたいメルセデス・ベンツ関連投稿

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.