ad-728





>テスラ(TESLA) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

テスラCEO「中国の政策は不当」とトランプ大統領のツイッターに書き込み→トランプが動く?

2018/03/17

| イーロン・マスクがトランプに助けを求める |

テスラCEO、イーロン・マスク氏がドナルド・トランプ大統領のツイッターへ「中国の政策は外国企業に対して不公平すぎる」と投稿。
トランプ大統領はこういった声を多数受けているためか、今回(一定国からの)鉄鋼とアルミニウムの輸入に関税を課すことを決定し、さらにアメリカ製品に輸入関税を課している国については、相手国にも同様の関税を課す「相互税」導入を検討している、とも公表しています。

中国はあまりに不公平

現在テスラは中国にて生産工場を建設しようと計画していますが、現行の中国の法律では、「外国企業は100%自己資本での会社を中国で作ることは許されず、中国の企業に50%以上の株式を持たせた合弁会社を設立せねばならない」ということに。

これは中国側の合弁相手が主導権を握る、もしくは強い発言力を得るということを意味し、そのため技術始めノウハウが中国側にあっさりと移転することになります。
よって、日本やアメリカ、欧州の自動車メーカーが何十年、百年かけて培った技術があっさりと数年で吸収されることになり、よってまだ会社を興して何年かしかたっていないような企業でも直噴エンジンやデュアルクラッチ・トランスミッションを作れたりする、ということが起こりうるわけですね。

じゃあ現地企業と合弁会社を作らずに中国へと輸出すればいいじゃないと思うかもしれませんが、中国は輸入車に高額な関税やそのほか税金をかけるので、輸入車は中国に入るだけで「価格が倍」。
そうなるともちろん中国国内では「誰も買わない」価格になり、競争力がなくなるため、いずれの(量産車)メーカーも現地で数を売りたく、そのために「悪魔に魂を売り渡す」ことに。※つい最近発表されたランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダーは日本では35,613,532円、中国だと7100万円。もちろんこれは税金がプラスされるため

china



中国はその人口(13億人)の大きさに起因した市場の大きさがあるゆえにこういった政策が成立するわけで、たとえば日本が中国と同じような方法を取ったとしても、外国の自動車メーカーは「そこまでして日本で売らなくても他があるから」ということでソッポを向かれる可能性も。

そして中国がもう一つ「先」を考えているのは”愛国教育”で、これは中国大好き、中国第一に国民を教育するため、国民は中国製品を買うように刷り込まれているわけですね。
自動車業界においては、一定のところまで「技術移転が完了すれば」中国は外国の自動車メーカーを「締め出す」可能性もあり、将来中国で売られるのは中国製の自動車ばかり、ということになる可能性も。
中国は人口が多く「内需」も相当にあるので、政府としては(合弁であっても)外国企業に儲けさせるのは「もったいない」と考えているはずで、よって最終的には外国企業を締め出しにかかる可能性が高い、とぼくは考えているのですね。

そんなワケあるかいなと思う向きもあるかもしれませんが、そもそも中国は最近まで「子供を持っていい数」を制限していた国ですし、GoogleやTwitter、インスタグラム、Youtube、Facebookも「禁止」。※事故を起こした新幹線をそのまま埋めて証拠をいん滅しようとした国でもある
さらにインターネット接続も制限・監視されている国であり、社会主義国家だということを考える必要があります。

china

現実的にスマートフォンだと、アップルが一時は中国で猛威をふるったものの、今ではファーウェイはじめ中国のスマートフォンメーカーが主流になってしまい、アップル製品は「オワコン」に。
こういった現実をみるにつけ、中国の政治力は(いいか悪いかは別として)国を守る、中国企業を成長させるということについては相当に長けている、といえそうです。

長くなりましたがイーロン・マスク氏が言う「不公平」とはこういったもので、欧州の自動車業界も中国の規制や法律の閉鎖性、圧力については抗議を行なっていると報じられるところです。

なお、日本だとこういった「経済活動」に対して政治家が動くことはほぼありませんが、アメリカや欧州の場合は「国の経済や雇用を守る」ために自ら動くことが当たり前となっており、イタリアだと首相がランボルギーニに「ウルスを作る」ように働きかけたり、イギリスもまた首相がアストンマーティンやマクラーレンとともに世界中を回って投資を取り付けることができるように各国の産業界を口説いて回ったのは記憶に新しいところ。
もちろんトランプ大統領もこれについては「黙っている」ことはないと思われ、何らかの行動を起こすのかもしれません。

あわせて読みたい、テスラ関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->テスラ(TESLA), ■その他自動車関連ニュース・ネタなど
-, , ,