>パガーニ(PAGANI) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

パガーニが新型車を開発中。とても公道走行できなさそうなレーシングカーっぽいルックスを持ち、しかしナンバーは取得済み

このリヤディフューザーは自動車史上例を見ない 先日目撃された「パガーニ・ウアイラBCのもっと過激なバージョン」ですが、今回は鮮明な画像にて捉えられることに。この画像を見ると、ドアミラーやランプを除く「ほぼ全て」のボディパーツがアップデートされているようにも見えます。リアから見ると最初に目を引くのは巨大な、そしてレーシングカーばりのリアディフューザー。さらには巨大なリアウイングに加えシャークフィン、ルーフにはシュノーケルも装着されているようですね(テールランプの上にもフラップが追加され、サイドステップ形状も ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >フォード(FORD)

フォードGTヘリテージ・エディション第一号車が競売に登場し2.8億円にて落札。やはりスープラの「2.3億」はかなり高い金額だった

それだけ新型GRスープラが高く評価されているとも言える フォードがチャリティーオークションに車体番号「001」のフォードGTヘリテージ・エディションを出品し、2億8000万円で落札された、との報道。「凄い額だな」と思うと同時に、2億3000万円で落札された新型トヨタGRスープラの金額の高さ、そしてスープラへの関心の高さには改めて驚かされることになります(フォードGTの新車販売価格はスープラの10倍以上)。※同時に出品されたフォード・シェルビー・マスタングGT500の落札価格は1億3000万円 もちろんフォ ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウルス関連

ランボルギーニ・ウルス向けになんと「アクラポヴィッチ製」チタンエキゾーストが純正オプションとして登場!その価格143万円

今後はアヴェンタドール、ウラカン用としてもアクラポヴィッチ製エキゾーストシステムが登場するかも ランボルギーニ・ウルス向けの純正オプションとして、なんと「アクラポヴィッチ製」のエキゾーストシステムが追加。これはランボルギーニ麻布さんのブログにて紹介されていたものですが、その価格は税抜きで1,433,870円。非常に高価な製品ではあるものの、パフォーマンス10%アップ(ターボエンジンはマフラー交換によるパワーアップを期待しやすい)、重量-35%、テールパイプにはランボルギーニ(Lamborghini)とアク ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin)

限定50台、「アストンマーティンDBS スーパーレッジェーラ タグホイヤー エディション」登場。テーマは「黒赤」の豪華仕様

アストンマーティンはタグ・ホイヤーとパートナーシップ契約を結んでいる アストンマーティンと腕時計メーカーのタグホイヤーは提携関係にありますが、今回アストンマーティンが「アストンマーティンDBS スーパーレッジェーラ タグホイヤー エディション( Aston Martin DBS Superleggera TAG Heuer Edition )」を発表。パッと見た印象は「真っ黒な」スペシャルエディションとなっています。 アストンマーティン×タグホイヤー。カレラベースのコラボ腕時計を発表 こちらもオススメ、関 ...

ReadMore

>フォード(FORD) ■ニュース

1967年製、ワンオフの「シェルビーGT500スーパースネーク」が2.5億で落札。マスタングの最高価格を更新

フォードはこのマスタングを10台限定で生産する計画を発表済み 1967年にキャロル・シェルビーがワンオフにて製作した「フォード・シェルビーGT500スーパースネーク」がオークションにかけられ、2億5000万円という驚愕の価格で落札。GT500というと、つい先日「生産第一号」が1億5000万円で落札されたと報道されたばかりですが、その価格を大きく超え、今回の価格は「マスタング史上最高額」となるそうです。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】米俳優がカスタムした「作戦で犠牲になったSEAL隊員に捧げる」マスタン ...

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI) >マクラーレン(McLaren) >その他ポルシェ関連/ニュース

レゴ(LEGO)からマクラーレン・セナが”実車の1/50000の価格で”登場。全長15センチ、ドライバーと「風洞実験設備」つき

ビクトリーグレーにオレンジのアクセント マクラーレンとレゴとは提携関係にあり、これまでにもいくつかのモデルを発表していますが、今回新しく登場したのは「マクラーレン・セナ ・レゴ・スピード・チャンピオン・エディション( McLaren Senna LEGO Speed Champions edition )」。その価格は約2000円に設定され、実車のセナに比較すると「5万分の一」のプライシングとなっています。構成としては車体のほか、風洞実験施設のファン部分、交換用ホイール、そしてスパナを持ったドライバー。 ...

ReadMore

>ポルシェ・パナメーラ関連 ■ニュース

ポルシェが自らカスタムしたパナメーラGTS。マカンに設定された「マンバグリーン」にブラックアクセント

パナメーラは派手なカラーがけっこう似合う ポルシェのカスタム部門、「ポルシェ・エクスクルーシブ・マヌファクトゥア」がカスタムしたパナメーラGTS。これはポルシェ自身のFacebookにて公開されたものですが、ボディカラーは「マンバ・グリーン」。マンバ・グリーンはマカンのフェイスリフトに合わせて設定された新色で、見ての通り発色の良い色味が特徴です。 こちらもオススメ、関連投稿お金さえあれば何でもできる!ポルシェが自社でカスタムした新型マカンSを公開レクサスUXの見積もり取得!「UX250h F Sport ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

フェラーリがル・マンのトップカテゴリに参戦したら?ヴァルキリー、AMG ONEに対抗する「フェラーリ266キネッティ」

ル・マンで戦うフェラーリ製ハイパーカーの雄姿を見てみたいものだ インダストリアルデザイナー、ポル・サントス氏の考えた「フェラーリ266キネッティ(Ferrari266 Chinetti)」。なんとも斬新なスタイルを持つコンセプトカーですが、そのネーミングには深い意味があるようです。ポル・サントス氏によると、「キネッティ」は1945年に、ル・マン24時間における最初の勝利をフェラーリにもたらした人物。一緒に参加したセルスドン男爵が出走後1時間あたりから体調が悪くなったため、ルイジ・キネッティはたった一人で残 ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

世界的に大人気の新型トヨタGRスープラ。イギリスではシステムエラーで予約超過し問題に。日本でも同様に人気加熱?

購入の意志があれば早めに予約するのがベター その発表時のインパクトがあまりに大きかった新型トヨタGRスープラ。その「生産第一号」が2億3000万円で落札されるなど、いまだその衝撃は収まるところを知らず、むしろ「そんなにいいのか新型スープラ」といった感じで本来スープラに興味のなかった人に対してもその存在感を示し始めている、といった状況です。そして今回、新型スープラ専門掲示板、Supra MKVによると、スープラのイギリス国内向け初回限定モデル「A90スペシャル・エディション」が一瞬で完売してしまった、とのこ ...

ReadMore

>アウディ(Audi) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

0-100km/h加速は2秒!アウディ「PB18 e-tronコンセプト」が50台のみ限定で発売されることに

PB18 e-tronのキモである「ソリッドステートバッテリー」「移動式コクピット」は実現する? アウディが2018年のペブルビーチにて発表したコンセプトカー、「PB18 e-tronコンセプト」を発売する模様。これはAutoweekのインタビューに対してアウディCEO、ブラム・ショット氏が語ったもので、PB18 e-tronコンセプトは1年もしくは2年のうちに、50台のみの限定にて発売する、という内容です。 アウディが「自動運転する気”ゼロ”」、ドライバー重視の「PB 18 e-tron」発表 なお、ア ...

ReadMore



>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

次期アルファロメオMoToは販売不振につきSUVに?ジュリエッタと統合の噂も

投稿日:2018/03/24 更新日:

| 次期MiToは時代の流れに逆らえずSUVに |

FCA(フィアット・クライスラー)のセルジオ・マルキオンネCEOがメディアに語ったとされる内容だと、「MiToは現在の立ち位置から変更される」とのこと。
MiToの登場は2008年で、その名称は「ミラノ(Milano)とトリノ(Trino)から来ており、1.4リッターエンジンを搭載する3ドアハッチバック。








ジュリエッタとの統合が行われる可能性も

もう登場から10年が経過しているということになりますが、FCAの車は全般的にモデルサイクルが長め。
これは細部をアップデートしたとしても基本構造が古いということを意味し、そのために米国コンシューマー・レポートではあまり評価が高くないのかもしれません。
加えて、モデルチェンジを行わずに多くの(高いポテンシャルを持つ車を)「放置」している、としてマルキオンネ氏が批判されることもしばしば。

そんな中でセルジオ・マルキオンネCEOが次期MiToについて語ったことになりますが、「次期MiToはその形状を大きく変えるだろう。Bセグメントにおける3ドアハッチバック市場は極端に縮小しており、もはや存在する場所はない」とのこと。
つまり次期MiToは3ドアハッチバックではないということで、となると可能性が高いのは「SUV」。

現在アルファロメオは「ステルヴィオ」を持つものの、これのラージ版も投入を検討している、とされています。
そしてMiTo後継モデルは「ステルヴィオの下」に位置する可能性が高いのではということになりますが、「ジュリエッタ」についても同様のことが言え、この二車は統合されて生まれ変わる可能性も。

現在アルファロメオは「販売が弱い」アメリカと中国市場向けに戦略を練り直しているとされ、そしてそもそも「弱い」理由は「車が小さいから」。
小さい車はアメリカや中国では好まれないということで、これらの市場にあわせて車のサイズが成長する、ということになるのかもしれません。

なお欧州の自動車メーカーにおいては「名前が一緒でも、車の性格が全く変わってしまった」モデルも多く、ルノーもけっこうその内容が変わることがあり、トゥインゴはエンジンレイアウトすら変更されていますね。
トヨタだと「レビン」が中国市場のみにおいてですが、「4ドアセダン」で復活していることも知られます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.