ad-728





>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

新型トヨタ・オーリスに「GRMN」が登場したら?秀逸なレンダリングが登場

2018/03/13

| トヨタはオーリスのホットバージョンを投入する? |

新型車が登場する都度様々なレンダリングを公開するX-TOMI DESIGNが今回はトヨタ・オーリスGRMNのCGを公開。
X-TOMI DESIGNはこれまでこういったコンパクトカーのレンダリングを手がけたことはないように思いますが、にもかかわらず今回これを公開したということは、それだけ新型オーリスの注目度が高い、ということなのかもしれませんね(注目されないものにわざわざ手間をかけない)。

GRブランドには4つのヒエラルキーがある

なおトヨタは「GR」ブランドを強化する意向で、GRブランドには4段階のピラミッドが存在しています。
トップレンジは「GRMN」、その下に「GR」、次いで「GR SPORT」、そして「GR PARTS」といった構成ですが、今回公開されたレンダリングは「オーリスGRMN」、つまりもっともエクストリームなモデル、ということに。

03

なおトヨタは今のところ「GRMN」にヴィッツ、「GR」としてもヴィッツと86、「GR SPORT」にもヴィッツほかプリウスPHV、ハリアー、マークX、ヴォクシー、ノア、アクアとプリウスαの投入を発表。

今回公開されたレンダリングを見るに、さらに大きく口を開けたフロントアンダーグリルを持つ大型バンパー、フロントリップ、サイドスカート、リアウイング、大径ホイール、ローダウンなど「お約束」満載。
なおカラーリングはGRスープラ・レーシングコンセプトでも採用されていた「白、黒、赤」を用いたもので、なかなかに雰囲気が出ている、と思います。

なお欧州では「ホットハッチ」が比較的人気で、その代表格は「ゴルフGTI」と「ルノー・メガーヌR.S.」。
トヨタはその下のセグメントとなる「ヤリス(ヴィッツ)」にてWRCへと参戦し、欧州ではそのイメージを生かしたバリエーションの展開を行なっているようですが、ゴルフやメガーヌと同じセグメントでは「ホットハッチ」を持たず、今後はぜひオーリスのホットモデルも追加して欲しいところ。※ヴィッツは今後、欧州と同じく「ヤリス」へと名称変更される可能性が浮上

プラットフォームは剛性の高いTNGAで、かつリヤサスはマルチリンクということを考えると「かなり高い」戦闘力を発揮しそうだ、とは思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)
-, , , ,