>その他イタリア車

【動画】フロントウインドウなし、ドアもなし。でも公道走行OKなダラーラ「ストラダーレ」

投稿日:2018/03/21 更新日:

| これでも公道走行はOK |

ランボルギーニ・ミウラの設計者として名高いジャンパオロ・ダッラーラ氏が主宰する会社「ダラーラ・アウトモビリ」が発売した公道走行可能なスポーツカー(というかレーシングカー)、ストラダーレの試乗会が動画で公開に。
ダラーラは現在でもレーシングカーの設計では大きなシェアを占めており、ランボルギーニ・ウラカン「スーパートロフェオ」「GT3」もダラーラの手によるもの。

400馬力、重量855キロ

エンジンは2.3リッター4気筒スーパーチャージャー(400馬力)、トランスミッションは6速マニュアル。※ターボだという話もある
シャシーはカーボンモノコック採用で車体重量は855キロ、とされています。
このスペックに近い市販車は少なく、しいて言えばロータス・エキシージ・カップ430(430馬力、1055キロ)がパフォーマンス的に接近しているのかもしれません。

dallara2

今回試乗に用意された個体は「ドアがない」もっともベーシックな仕様のようですが、以前にはオプションでガルウイングドアが選択できるともアナウンスされていますね。
なお、試乗車にある「フロントウインドウ」はオプションで、このほかクーペボディやタルガトップのオプション、最大で820キロのダウンフォースを発生するリアウイングも別途用意される、とのこと。

dallara

価格は2100万円程度なのでかなり高価なクルマであり、生産台数は年間120台、トータルでも600台に制限する、とのこと。
現在EU、日本、スイスでの法規制をクリアしているそうですが、北米では公道走行が出来ず「サーキット専用モデル」扱いに。

試乗動画を見てみよう

こちらがダラーラ・ストラダーレの試乗動画、「2018 Dallara Stradale - International test drive in Castro (Lecce) | Salento V12」。
意外やそのサウンドは静か、という印象です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->その他イタリア車
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.