ad-728





>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

新型スープラ最新スパイフォト。ダックテールは大きくディフューザーも巨大。リヤフォグはF1風

| リアビューはかなり刺激的 |

相変わらず新型トヨタ・スープラのプロトタイプがテスト中。
発表されると言われながらも1年以上が経過し、まだ半年以上も発表まで待たねばならない可能性が大ですが、今回のスパイフォトではこれまで覆われていたリアエンドが露出しており、さらにはサイドステップ形状もよくわかる状態に。
加えてホイールもこれまで見られたものとは異なるデザインで、今までのトヨタにはあまり採用されなかった形状でもあります(ポルシェ911GT3RSっぽい)。

なぜに(参戦していないのに)F1風?

さらにヘッドライトやテールランプも市販モデル同様のクオリティを持っており、「このまま発売」できそうには思えますが、まだまだカメラや測定用機器をたくさん取り付けていて、「開発続行中」ということに。

Toyota-Supra-10

この画像を見るとリアトランクはかなり反り上がった「ダックテール」を持ち、これはアストンマーティン・ヴァンテージやフェラーリ488ピスタ並み。
リアディフューザーも後方に張り出す形で、その位置もけっこう上まで持ち上がった形状が「本気度」をうかがわせるところ。

さらにはF1風のリアフォグランプが装着されていることもわかりますね。
これはスープラの原型とも言われる「FT-1コンセプト」にも採用されていたもので、これを忠実に再現したであろうこともわかります。

なおFT-1は2014年のデトロイト・モーターショーで発表されたコンセプトカーですが、トヨタが2009年には撤退したF1からのモチーフをいくつか取り入れています。

Toyota-Supra-7

新型スープラはBMWとの共同開発となりますが、BMWは「Z4はスープラとは異なるハンドリングマシン」、一方トヨタは「BMWはマイルドだがスープラはピュアスポーツ」と言っていることが双方で異なり、どうも仲が悪いようですね。

スープラをBMWと共同開発するには相当な(BMWとの調整のための)苦労があったとは語られていまるものの、この様子だとトヨタとBMWとのジョイントは「二度とない」のかもしれません。※トヨタは86をスバルと共同開発する際にもかなり面倒であったと語っている

Toyota-Supra-5

あわせて読みたい、新型トヨタ(GR)スープラ関連投稿

VIA:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など, >BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , , ,