ad-728





>ポルシェ911関連

ポルシェCEOが次期911に言及。992後期にPHEV登場、しかし911と718のEVはない

2018/04/02

| 次期911の後期にはハイブリッド登場、しかしピュアEVはなし |

ポルシェCEO、オリバー・ブルーメ氏が年一回の財政報告会にてメディアに語ったところによると、「次期911(992)のモデルライフ後半にハイブリッドモデルが登場するだろう」とのこと。
これはすでに語られていたものではありますが、今回さらに詳細に突っ込んだ発言がなされています。
今回の発言内容によると、「992のフェイスリフト時に911PHEVを追加予定だとしながら、992へのモデルチェンジ時にPHEVを発表しないのは「その時(前期)だと求める性能をバッテリーが満たしていないから」と語っています。

後期になるのは「バッテリー性能が追いつかないから」

これまでにも次期ポルシェ911については様々な噂があり、「次期911にハイブリッドはない」とされた時期も。
そしてこの際の理由としては「バッテリーが重くなりすぎて911の運動性能をスポイルするからだ」と述べており、つまりはバッテリー性能がネックであったということですね。

その後に現在と同じ「992のモデルライフ後半にPHEV登場」だという話になったわけですが、ここで急展開となったのは、つまり992のフェイスリフト時期までにバッテリー技術が改善されるという見込みがたったからだとも考えられます。
次期911そのものは今年後半に公開され来年のデリバリー予定ですが、そこからさらにフェイスリフトとなれば3-4年後であり、つまり今からだいたい5-6年後に911ハイブリッドが登場するということになりそう(992のモデルサイクルはおおよそ991と同じくらいだと言われている)。

ポルシェは次世代バッテリーつまりはソリッドステート・バッテリーの開発に集中していると言われ(エネルギー密度が倍くらいだとされる)、おそらく次期ポルシェ911PHEVにはこのソリッドステートバッテリーを搭載してくるのでしょうね。



そうなると気になるのは「ハイブリッドではない」次期911。
最近の話では「次期911は全部マイルドハイブリッド」というものもあり、もしそうだとするとマイルドハイブリッドとPHEV版911との棲み分けが曖昧になりますし、むしろPHEV版911のほうが(実際に発売される頃にはバッテリー問題も解決され、軽量になっていると思われるので)運動性能に優れるという可能性も(911PHEVは700馬力に達するとも以前にポルシェが語っている)。

たしかにパナメーラ、カイエンにおいても実際のところトップレンジは「PHEV」なので不自然ではないのですが、その場合は重量を抑えるために採用したマイルドハイブリッドのほうが「中途半端な存在」になるということを意味します。
つまり911PHEVは動力性能を高めるためにエレクトリック化した「ピュア」に走りを追求したモデルであり、911マイルドハイブリッドは環境とも走りともつかない「ハンパ」なモデルになってしまうかもしれない、ということですね。

なお、オリバー・ブルーメCEOは「911、718ボクスター/ケイマンにピュアエレクトリックモデルはない」としており、しかし「992のハイブリッド」同様、今後の技術次第で先行きが二転三転することもありそうです。

合わせて読みたい、次期ポルシェ911関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ポルシェ911関連
-, , , , , ,