ad-728





■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

次期BMW M3プロトタイプがニュルを走行中。エンジン出力はついに500馬力に達するとの噂

2018/04/12

| ボディサイズは全長、全幅とも拡大 |

次期BMW M3のプロトタイプが走行中。
初代M3(E30)は1986年の誕生で、少し前には30周年記念を盛大に祝ったところですが、一方で欧州で導入される規制に対応できず「一時販売終了」に。
次期M3(G80)は2020年に登場と言われ、今回は発表されたばかりのX4のMバージョンらとともにニュルブルクリンクを走行する姿が捉えられています。

エンジンパワーはついに500馬力の大台へ?

現時点ではカモフラージュが厚く次期M3がどんな姿になるのかわからないものの、これまでのウワサだとホイールベース、トレッドとも拡大する模様。
エンジンは3リッター6気筒ターボを継続しながらも500馬力に達すると言われ、実際にそうなれば「相当なパフォーマンスを誇る」ことになりそう。
プラットフォームは5シリーズや7シリーズと同じくCLARへと変更される可能性が大きく(よって軽量化も期待できる)、となると構造上は「4WDも可能」に。

2020-bmw-m3-spy-photo (1)

ただしBMW自身は以前に「M3やM4には4WDは想定していない」と語っており、その理由は「M3やM4は軽量かつシンプルであるべき」で、そのためには4WDはふさわしくない、という意図のようですね。
同じ理由でハイブリッドの搭載も「無い」とされていますが、実際のところどうなるのかは不明。
ライバルとも言えるアウディ「RS」モデル、メルセデス「AMG」が4WDを持つことを考えるとBMWのみがいつまでもFRのみにこだわることはできず、オプションとして4WD(xDrive)を採用するのではという説もあるようですね。

2020-bmw-m3-spy-photo (2)

さらにやはりライバルが「48Vマイルドハイブリッド」を装備しつつあるのも駆動方式同様で、新型M3/M4もマイルハイブリッドが与えられる可能性も報じられています。

「BMWがそうしたいと考えていても」周囲の環境や市場の要望、競合の動向次第では「思ったようなクルマづくりをできるわけではない」ということで、「重すぎて(スポーツカーでは)役に立たなかった」ハイブリッドシステムについては”48Vマイルドハイブリッド”、スポーツカーにターボを採用する際に問題となりがちなターボラグについてもそれを解決できる”電動ターボ”が登場したり、予想するよりも技術の進歩が早いという現実もあって、今の自動車業界においては「何もかもが流動的(今日”正しい”とされていることが明日も正しいとは限らず、今日できないことが明日になれば”できる”ようになっている可能性もある)」だと言えそうですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



-■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など, >BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , ,